コロナ禍の中どうするか

KIMG1332.JPG 1月9日、湊公民館て湊町合同新年会が行われました。コロナ禍の中で開催すべきかどうか様々検討した上での開催で、各町内会区長や各種団体などから約30名が参加しました。
 例年であれば、地区の飲食店で賑やかに開催していた新年会ですが、コロナ感染防止を徹底しながら、参加者を限定して行い、来賓は市長のみ、乾杯はペットボトルのお茶でという形で行いました。
 会津若松でも感染者が増えている中で(9日の会津若松の感染者発表は10人)という中、開催に疑問を持つ人もいたと思いますが、地域の課題や状況を共有する機会として十分意味はあったと思います。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント