2020.9月 集落寺社の秋祭りの季節 ~ 大満寺虚空蔵尊祭礼を終え、次は天子神社の祭礼

 9月13日、上馬渡集落の大満寺虚空蔵尊の祭礼を執り行いました。区長として采配する地域行事の一つですが、今年は新型コロナウイルス感染症防止のため、法要のみを行い、例年のような出店やイベント的なものは行いませんでした。  前日の午前8時から集落役員で祭礼の幟立てを2時間ほど掛けて行いました。  私を含め、各役員はかつて村役員を何度か経…
コメント:0

続きを読むread more

上馬渡集落が鳥獣被害防止電気柵を設置、後管理のための除草剤散布作業も実施

 大分、日々が経過してしまいましたが、上馬渡集落の懸案であった鳥獣被害防止電気柵設置が、先頃ようやく終了しました。  8月30日、作業は、集落町内会役員と多面的機能維持管理交付金の受け皿組織である上馬渡の環境を守る会役員12人によって行われました。集落西側の山林沿い、南隣の西田面集落との境から、北隣の下馬渡集落境までの約1130mに、…
コメント:0

続きを読むread more

2020.9.6 猪苗代湖中田浜で極めて大きな水難事故、遊泳中の親子2家族の中にモーターボートが突っ込む

 猪苗代湖中田浜で大きな水難事故が発生しました。  午前中、上馬渡集落の役員などで、イノシシ被害防止の電気柵周辺に除草剤を散布する作業を終え、個人農地の草刈り作業をしていると、鵜ノ浦、中田方面へ救急車と消防レスキュー車、消防車などが何台も向かっていました。  火事かもしれないと思って、私も軽トラックでそちらへ向かいました。すると、土…
コメント:0

続きを読むread more

2020.8.23 鳥獣被害防止電気柵設置の予定箇所の草刈り、雑木の伐採など行う

 8月23日、午前8時から鳥獣被害防止のための電気柵設置を1週間後に控え、設置予定地である上馬渡集落の西側一帯の草刈り、雑木の伐採などを、住民26人が参加・協力して行いました。  昨日までの暑さが少し収まり、作業も比較的順調に進み、11時20分頃には終えることができました。  電気柵の設置を予定しているルートには、県の砂防指定地…
コメント:0

続きを読むread more

県内113例目の新型コロナ感染者が会津若松で初の感染確認、翌日には2例目の確認

 8月19日、会津若松の10代社会人の男性が新型コロナウイルス感染者として確認されました。県内113例目の感染確認で、会津若松・会津地方で初めての感染者です。  いつ感染者が出てもおかしくない状況だったとは思いますが、初の感染者が出たと思ったら翌20日には2例目の感染確認です。1例目の濃厚接触者だそうで、まさに感染はこうやって広がると…
コメント:0

続きを読むread more

背炙山に続々と風力発電計画!! ~ 2021年度からの入札制導入前の駆込みか?

 現在、背炙山での風力発電計画が、4社入り乱れて進められようとしています。そのうち、以前お伝えした㈱イメージワンは、5月に「計画段階環境配慮書」の縦覧を終え、現在、次の段階である「環境方法書」の縦覧を9月にも行おうとしています。  そして、今まさに各市民センターや支所において2社の「環境配慮書」が縦覧に出され、事業者のホームページでも…
コメント:0

続きを読むread more

2020.8.14 父の戦争体験談が「福島民友」紙に掲載

 8月14日、父齋藤邦雄の戦争体験談が「福島民友」紙に掲載されました。  父は、先年亡くなった叔父とはよく戦争の話をしていましたが、私などに直接聞かせたことはあまりありません。  父がインタビューを受けることになったきっかけは、先月中頃、福島民友新聞会津若松支社の市役所担当記者が、戦争体験者を知らないかと、私に問い合わせてきたこ…
コメント:0

続きを読むread more

イノシン被害対策で湊町の上馬渡、下馬渡2集落が連携し電気柵を設置することに

 相変わらずイノシン被害が深刻です。  8月9日、私の住む上馬渡集落の北隣の下馬渡集落が、イノシン対策の電気柵設置のために、資材納入のサージミヤワキの清水さんに来てもらい、設置箇所の確認で現地を歩いています。  下馬渡では、私たちの上馬渡が集落環境診断をし、電気柵を設置する計画でいることを聞き、同じように対策することを決めました。 …
コメント:2

続きを読むread more

2020.8.1 磐梯昔語りの会「ゆずりは」の発表会を聴く

 8月1日、磐梯町中央公民館で磐梯昔語りの会「ゆずりは」の13回目となる発表会を聴きました。  大変いい語りで、同じく昔語りをしている者として良い刺激を受けました。  発表会には、湊かたりべの会のメンバー3人も聴きに行っていました。  ゆずりは会員の語りもさることながら、ゲストの語り手として山都町の永島陽子さんの語りを聴き、またゆ…
コメント:0

続きを読むread more

2020.7.30 高台の畑崩落、溜池決壊など湊町でも大雨被害が

 7月28日、29日の豪雨で山形の最上川沿いの住宅や農地を中心に大きな被害を受けました。  私の住む湊町でも多くの被害が出ました。  崎川の舟木では同級生宅の裏の畑の土手が崩落しました。幸い、住宅の角で崩落した土が2方向に分かれ、建物への影響はなかったそうで、良かったと思います。  また、中田では集落の西側の溜池法面に穴が開き、溜…
コメント:0

続きを読むread more

2020.7.5~6 久しぶりに伊勢講仲間と小旅行、岳温泉・扇やでのんびりする

 ブログの更新がなかなか出来ないでいます。記事にして良い出来事や活動は毎日あるのですが……。  さて、大分日は経ってしまいましたが、伊勢講仲間の小旅行について書きたいと思います。  7月5日、6日、上馬渡の伊勢同行仲間3人で、あだたらの湯・扇やで一泊二日の小旅行を楽しみました。  5日の午前中は、実は大忙しでした。早朝5時30…
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市議会6月定例会一般質問で町内会交付金の透明性確保のための手立てを求める

 会津若松市議会6月定例会の私の一般質問2件のうち、「問題のある風力発電計画の中止を促す」件については、しばらく前に紹介しました。  6月定例会が閉会してから大分経ちますが、もう1つのテーマ「町内会交付金の透明性の確保」について、質問・答弁の概略を以下に紹介します。 平成26年の監査の改善指摘が、なぜ今も実現しないか?  町内…
コメント:0

続きを読むread more

イノシシ被害への対応~上馬渡町内会が集落環境診断を依頼し電気柵設置を計画

 どこの農村集落でも、年ごとに鳥獣被害が拡大し深刻化しています。とりわけイノシシ被害が深刻です。  わが上馬渡集落でも、畑作物が荒らされ、田畑の畦畔が掘り起こされ、今年は農業溜池の法面がまるで重機を使って掘り起こしたような被害も出ていました。  隣の西田面集落では、2軒の家で作業小屋にクマに入られる被害も出ました。  また、カモシ…
コメント:0

続きを読むread more

(仮称)会津若松風力発電事業計画についての住民説明会で反対の声続出

 6月27日、株式会社イメージワンが計画している「(仮称)会津若松風力発電事業計画」についての住民説明会が上馬渡住民を対象に行われ、18名が参加しました。西田面の小桧山区長も傍聴で参加しました。  説明会では、上馬渡町内会が6月19日に(株)イメージワンに送付した計画中止を求める意見書に対する回答を中心に行われました。  説明会の冒…
コメント:0

続きを読むread more

2020.6月会津若松市議会一般質問で、市の事業に直接影響する風力発電計画への規制の必要性について質す

 6月19日に閉会した市議会6月定例会は、新型コロナ禍の中で会期を短縮し、議案等に対する委員会・分科会での質疑を優先させる日程が組まれ、一般質問は18日、19日の最終盤に行われました。  今回、一般質問に立ったのは9名で、私は議会最終日の19日には質問に立ちました。  私の質問テーマは、「風力発電計画に対する市の立ち位置の明確化…
コメント:0

続きを読むread more

上馬渡集落役員で簡易水道水源地の草刈り作業に汗を流す

 6月20日、上馬渡簡易水道の水源地の草刈りを部落役員で行いました。会津若松保健所の立ち入り調査が7月に予定されていますが、それを前にした毎年の必須作業です。  水源地は背炙山の中腹にあります。狭く急傾斜の山道を草刈りしながら、その水源地まで行って、集水枡の周り、300~400㎡ぐらいの所を更に刈り払います。やはり平坦な場所ではない上…
コメント:0

続きを読むread more

今頃? わが家にも“アベノマスク”漸く届く

 6月15日、帰宅してみると、話題の…というか、忘れられた…というか、例の“アベノマスク”が届いていました。  新型コロナ感染症の広がりの中、3月、4月、そして5月の下旬まで、どこに行ってもマスクが売ってない状態が続き、高額でのネット転売など社会問題になっていましたが、現在ではドラッグストアやホームセンター、スーパーなど、どこででも手…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入りの中、心配された雨にも当たらず用水路の草払いと花苗植栽作業に汗を流す

 6月14日、多面的機能支払交付金の受け皿組織である上馬渡の環境を守る会の事業として、土地改良区の幹線用水路の草払い作業を午前5時から、また地域のふれあいサロン活動を担う上馬渡たのしみ会の事業として花苗の植栽作業を午前9時から行いました。  6月11日に東北南部の梅雨入りが発表され、当日も雨降りが心配されていましたが、作業中は天気に恵…
コメント:0

続きを読むread more

「医療と福祉を良くする会津の会」が、傷病手当支給対象の事業主への拡大など新型コロナ問題で市に要望

 6月5日、医療と福祉を良くする会津の会は、室井市長に対し「新型コロナウイルス感染に関する市民の要望書」を提出し、現在の対策ではまだ不足している課題について更に対策を講じるよう求めました。  要望の第1に挙げたのは、新型コロナ感染に係る国保・後期高齢者医療における傷病手当の取り扱いについてです。  傷病手当については、市長の…
コメント:0

続きを読むread more

6月定例会開会、新型コロナ禍で短縮日程 ━━ 総括質疑なくこれまで以上に重要となる委員会審査

 6月11日、市議会6月定例会が開会しました。新型コロナ禍で会期が短縮され、19日までの9日間の日程です。  今回、市長から提出されたのは、財政調整基金約1億円を活用した新型コロナ感染症対策費、デジタル手続法に基づくシステム改修費などが計上された一般会計補正と、水道事業会計補正の予算案件2件、税条例改正や特別職・水道事業管理者の給与条…
コメント:0

続きを読むread more