湊かたりべの会が2021年初めての例会、湊に伝わる話を中心にした民話集の発行に向けて会員で校正作業を行う

 1月14日、湊かたりべの会が2021年初の例会を行いました。
KIMG1347~2.JPG 会は2011年に発足し、今年で10年になることを記念して、NPO法人みんなと湊まちづくりネットワークなどの協力を得て、この2月に発行する予定の民話集の校正などの作業を会員みんなで行いました。
KIMG1348~2.JPG 収録する話は、主に湊町に伝わる、あるいは湊町を舞台にした昔話や伝説などの民話で、会員が再話したものを基本にしています。私が再話したものも、「恋が崎伝説」、「溶かし草」、「夜泣き石」、「原村百姓馬の祟りを受けしこと」、「笹山原の狐」、「牡丹餅は金仏様」の6話が掲載されます。
 発行は、2月下旬の予定です。200部を作成し地元の小中学校や福祉施設に配布するほか、湊地区内の各町内会に組回覧をお願いし、希望者には無料でお分けすることにしています。
 会では、今後さらに湊ゆかりの話を発掘し、それらの話を加えた改訂版を発行していけたらいいねと話しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント