会津若松市議選いよいよ最終日、「斎藤もとお」あと一歩です!

 会津若松市議選も8月3日の最終日を残すのみとなりました。
 8月2日は、市内東山院内を皮切りに32ヵ所の街頭から政策を訴えました。神指の如来堂では冷たい缶コーヒーの差し入れをいただき感激しました。
 また、飯盛団地では、県立病院跡地を8億3千万円で市が購入し、子育て支援施設を核とした複合施設建設の計画について、県の病院経営の赤字補填の肩代わりに市民の税金を注ぎ込むようなものであり、その土地がなければ子育て支援施設が出来ないというものではないと訴えたところ、訴えを聞いてくださった方から、県立病院跡地の問題をどう考えたらよいのかよく分かったと言ってもらえました。
 2日までの私への支持確認は、まだ1000を少し超えたばかりで、当選圏には至っていません。街頭からの訴えは、知己のない方から支持をいただける場でもあります。最終日は、もっとコンパクトにより多くの箇所から訴えて、何としても足りない票を集めなければなりません。
 しかしながら、私を支持していただける方が、直接家族やお知り合いに「もとおを頼むぞ」と声を掛けていただくことが一気に当選圏に浮上する決め手になります。よろしくお願いいたします!

この記事へのコメント