会津地方労連「2018年新春旗開き」で各団体が決意表明

画像
 1月27日、会津地方労連「2018年新春旗開き」が市内の迎賓館で行われ、原田俊広議員とともに参加してきました。
 昨年10月の大会で、長年空白だった議長に選出された佐藤哲夫さんは、主催者挨拶で、安倍政権が進めようとしている「働き方改革」は、改革とは名ばかりであり、労働環境を悪化させるものだと指摘し、真の「働き方改革」を実現させるために、労働現場の声を結集し挙げて行きたいと述べました。
 次いで、九条の会・会津若松の代表からの祝辞があり、私も日本共産党会津地区委員会を代表して祝辞を述べさせていただき、憲法違反の悪法を次々と押し通してきた安倍政権がその仕上げとして行おうとしている9条改憲をストップさせるために、皆さんとともに頑張る決意を述べました。
 また、その後、地方労連加盟単組の代表から、白河厚生病院におけるパワハラ問題の経緯と訴訟への支援の訴え、会津若松市内の私立高校におけるパワハラ訴訟で和解したことと支援に対する感謝などが述べられたほか、出席した諸団体から今年1年の活動の中心課題とそれらに取り組む決意などが意気高く述べられました。

【訃報・弔慰】佐藤弘子さん(会津美里町勝原、79歳、会津若松市地域づくり課長斎藤哲雄さんの母、1月25日逝去、29日告別式)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック