被災者のプライバシー保障に必要な二次避難

 4月1日から被災者の「二次避難」が始まりました。
 これは、公設避難所での生活は1週間が限度といわれるなかで、被災者の滞在が3週間にも及ぼうという3月下旬、県が受け入れ先の旅館・ホテルに対して一人1日あたり5千円の補助をするという方針がようやく決まり、始まったものです。

 公設避難所では個人のプライバシーがほとんど守られず、大きなストレスにより健康を害した事例もあります。「二次避難」がこのように遅れたのか、今後に経験を生かすためにも行政は、何がそうさせたのかしっかり検証する必要があると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック