斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の農繁期を前に、集落共同作業で用排水路の土砂浚い行う

<<   作成日時 : 2018/05/06 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 5月3日、上馬渡集落の春の共同作業が行われました。
 例年ですと、吉ヶ平ダム用水路の土砂浚いと作場道(農道)に砂利を敷くなど補修作業を行うのですが、今年は用排水路の土砂浚いに特化して作業しました。
 特に難儀したのは、10年近く実施してこなかった排水路の泥揚げです。長年溜まった泥の他、U字溝の回りは、おそらくイノシシによって荒らされたのであろう痕跡も見られ、その土も排水路に落とされていたようで半端ありませんでした。
 小雨降る中の作業であまり条件は良くありませんでしたが、住民30人ほどで汗を流し、5月10日からの吉ヶ平ダムからの農業用水放流に備えました。ちなみに、写真は作業後の排水路の様子です。

【訃報・弔意】志賀秀子さん(市内石堂町、91歳、石堂町内会長志賀等さんの母、5月3日逝去、7日告別式)
【訃報・弔意】佐竹達雄さん(湊町小坂、89歳、佐竹健一さんの父、5月4日逝去、7日告別式)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の農繁期を前に、集落共同作業で用排水路の土砂浚い行う 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる