斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 厳しい農業環境の中、「上馬渡夢農場」12期定時総会でまずまずの決算報告

<<   作成日時 : 2018/05/03 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 4月29日、特定農業法人上馬渡夢農場の第12期定時総会が行われました。
 厳しい農業環境が続いていますが、法人設立12期の2017年度の決算もまずまずの黒字の結果となり、剰余金処分案では20%の配当を実施することなどが提案され可決されました。
 事業報告で小檜山正夫社長が述べていましたが、2018年度は米の直接支払交付金の廃止などで、期首段階で400万円以上の減収がはっきりしているというより厳しい状況でのスタートとなります。
 総会では、新年度はこれまでの方向性で更に収益向上を図りながら、国の農政改革による影響がどのように現れるかを見極めた上で、新たな経営戦略を構築することなどが話し合われました。

【訃報・弔意】矢尾板冨雄さん(湊町鵜ノ浦、93歳、元共和小学校同窓会長矢尾板健さんの父、4月30日逝去、5月5日告別式)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
厳しい農業環境の中、「上馬渡夢農場」12期定時総会でまずまずの決算報告 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる