テーマ:一般質問

「学校給食費に対する補助実施は検討したこともないし、行う考えはない」ときっぱり言い切った会津若松市教育委員会に怒り…

 9月17日から始まった会津若松市市議会9月定例会の一般質問が19日に終わりました。  私は、3日目の19日の1番目に登壇し、「小中学校給食費への補助について」、「鳥獣被害対策について」、「市営住宅の集会所施設の管理運営について」の3件を質問しました。  いずれも納得いく答弁は得られませんでしたが、中でも「学校給食費補助」に対する教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019.9月定例会一般質問の趣旨説明、質問事項の細部について当局担当者に説明する

 9月9日、通告さした各議員が9月定例会一般質問の細部説明を行いました。  以前の本ブログにも書きましたが、私が9月議会で取り上げる質問テーマは、①小中学校給食費への補助について、②鳥獣被害対策について、③市営住宅の集会所の管理運営についての3つです。私も、これら3つの質問テーマについて、 午後3時から教育委員会学校教育課と財政課、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市の予算規模では足りない鳥獣被害対策にもっと国の財源制度活用を

 6月18日の私の一般質問、4つ目のテーマは「鳥獣被害対策について」です。  今年度の会津若松市の鳥獣被害対策費は約981万円ですが、この予算では不十分と言わざるを得ません。  昨年6月議会での私の一般質問での提起を受け、市は今年度、集落環境診断による電気柵設置のモデル事業を湊地区3集落で実施しています。そのこと自体はいいのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市はなぜやらない!? 経済波及効果の高い住宅リフォーム助成

 6月18日の一般質問で私が取り上げた3つ目のテーマは、「中小・小規模企業振興のための住宅リフォーム助成制度の再構築について」です。  私は、まず直近10年間で市内の建設・建築業における中小・小規模企業が20.7%にあたる167ヵ所が減少している実態を示させた上で、経済波及効果の高い住宅リフォーム助成制度を、中小・小規模事業者の事業継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多面的機能支払制度をもっと使い勝手良くするためにどうするか

 6月18日に行った私の一般質問の2つ目のテーマは、「多面的機能支払制度と農業・農村環境の維持について」です。  論点としたのは、制度開始から5年目となる今年、農村環境の維持・発揮に取り組む集落・団体において、交付金を活用できる範囲が1集落200万円未満に狭められたことで、やりたいことが出来なくなっていると悩んでいる事態をどうするかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市の財政健全化に悪影響与える県立病院跡地取得は中止すべき!

 6月18日、会津若松市議会6月定例会の一般質問に立ちました。  私が取り上げた4つのテーマのうちの1つは、「今後の財政運営と市債管理について」です。  会津若松市では、これから庁舎整備、県立病院跡地取得と施設整備、会津若松駅前整備、広域市町村圏整備組合の各種廃棄物処理施設整備など大型事業実施が打ち出されています。そのほかに、更新時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

任期中最後の議会、会津若松市議会6月定例会が開会

 6月13日、会津若松市議会6月定例会が開会しました。  市長からは、一般会計補正予算など14の案件が提出されました。  案件が少ないせいなのか、自身の選挙準備のためなのか、議案に対する総括質疑を通告したのは共産党市議団の私と原田俊広議員、そして鈴木陽議員と阿部光正議員の4名だけです。  私が取り上げるのは、一般会計補正に計上され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年市議会6月定例会一般質問の細部説明を行う

 6月10日、市議会6月定例会で行う一般質問について細部説明を行いました。いわゆる市当局による“質問取り”です。  私が通告した一般質問は、今回はやや欲張って4件です。  その4件とは、①今後取組む大型事業と市債管理のあり方、②多面的機能支払事業のあり方、③経済対策としての住宅リフォーム助成制度の復活、④鳥獣被害対策の財源について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改選前最後となる2019・6月市議会定例会一般質問に3件を事前通告

 5月17日、8月の市議選改選前の最後の議会となる市議会6月定例会一般質問の事前通告の締切日でした。  私は、市議選の政策にも関係する事項を質問することにし、3件を通告しました。  その1つ目は、「今後の財政運営と市債管理について」で、庁舎建設などいくつもの大型事業が予定されている中で、かつての財政再建プログラムに基づく超緊縮財政運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年度一般会計当初予算477億4200万円など66案件、会津若松市議会2月定例会始まる

 2月21日、会津若松市議会2月定例会が開会しました。  今回市長から提出された案件は、総額477億4200万円の一般会計当初予算など66件です。このうち条例案件は40件ありますが、33件は10月からの消費税10%への増税を見込んだ使用料・手数料の改定を内容とするものです。現在、毎月勤労統計の不正を巡る国会審議で、労働者の実質賃金が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津特産のコメを返礼品にできない会津若松市の〝ふるさと納税〟返礼品発送業務委託料

 9月11日に私が行った会津若松9月定例会での一般質問では、2つめのテーマとして「城下町會津まちづくり寄付金について」を取り上げました。  この寄付金は、いわゆる〝ふるさと納税〟のことです。質問の概要と、私の1回目の質問の全文を紹介します。 【質問の概要】 本市のふるさと納税返礼品に 特産品のコメはなし!  本市のふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インバウンド誘致を戦略的に進めるべきと一般質問、2018年9月市議会定例会で

 会津若松市議会9月定例会は、27日に閉会を迎えますが、私が11日に行った一般質問の2つのテーマのうち、「インバウンド観光の推進について」の概要と、登壇して行った1回目の質問内容を紹介したいと思います。 《概要》 地域内経済循環の規模と効果を高めるインバウンド観光  人口減少社会の中で消費が縮小し、国の増税や社会保障費削減によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月定例会一般質問その2~更なる官民連携での鳥獣被害対策構築を

 私が行った6月19日の一般質問では、「市長公務の透明性の確保について」のほかに「鳥獣被害対策について」で当局の認識を質しましたので、今日は、その概要を以下に紹介したいと思います。 農村の過疎と高齢化、原発事故が影響  近年の鳥獣被害問題の根底には、農林業の衰退や農村の高齢化の問題があります。農地や里山を守る取り組みが全く不十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月定例会、一般質問で市長公務の透明性の確保をいかに図るか質す

  市議会6月定例会は18日から20日まで一般質問が行われ、22名の議員が登壇しました。日本共産党市議団は原田議員が18日に、私が19日に登壇しました。  このうち私が19日行った一般質問のうち、「市長公務の透明性の確保について」の概要を紹介します。 市長が〝適正だ〟と言うだけでは晴らせない疑念  本年2月定例会の一般質問など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「市長公務の透明性の確保」と「鳥獣被害対策」の2つのテーマで一般質問を通告

 6月7日は、会津若松市議会6月定例会一般質問の通告締切日でした。  私は、標記の2件について通告しました。5月17日の事前通告で予定していた「会計年度任用職員制度の導入について」は、職員労働組合出身の議員が取り上げることもあり、また質問時間制限がある中で無理であると判断し、取りやめることにしました。  以下に、私の通告した質問事項…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅地・通学路周辺へ頻繁にクマ出没、農村部ではイノシシによる水田の畦畔荒らしも頻発

 5月29日、湯川河川敷やJR西若松駅周辺の線路、また阿賀川河川敷でクマが目撃され、6月5日にも、松長小学校や一箕中学校の通学路付近で目撃されるなど、住宅地近辺へのクマの出没が住民を不安にしています。  また、湊町など農村部では、原発事故以前にはなかったイノシシによる被害も多数見られ、農家の農地管理の大きな負担となっています。  農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インバウンド観光の今後の課題」「民間住宅家賃補助の制度化」などで一般質問~2月定例会

 2月22日から始まった会津若松市議会2月定例会は、26日から28日まで一般質問が行われ、22人の議員が登壇しました。私は、2日目の27日に、①「インバウンド観光の現状と今後の課題について」、②「低所得者の賃貸住宅家賃補助の制度化について」、③「特別徴収税額決定通知書への個人番号記載の取り扱いについて」の3件で質問しました。  答弁は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年12月定例会一般質問について細部説明を行う

 12月4日、12月定例会一般質問について市当局に説明する「細部説明会」が、左の表の日程で行われました。私は、午後2時から議場で説明を行いました。  今回、私が通告した質問の趣旨・論点と質問項目を以下に紹介します。 2017年12月定例会・斎藤基雄の一般質問 ⑴ 入札にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく12月定例会、入札制度や自主防災組織育成などをテーマに一般質問を通告

 11月29日、市議会12月定例会の議案説明会が行われました。今回、市側から提出された案件は、29年度一般会計補正など43件で、12月7日から22日まで16日間の日程で開かれます。私自身が議案を検討するのはこれからとなります。  議案説明会の翌日は、一般質問の通告締切り日、今回は代表質問・個人質問合わせて25名が通告しました。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童生徒の各種大会出場における保護者負担軽減を求める~9月一般質問

 会津若松市議会9月定例会での私のもう一つの一般質問テーマ、「小中学校児童生徒の各種大会出場補助金について」の質問と答弁の概要と、私の一回目の質問の全文を紹介します。 小中学校児童生徒の各種大会出場出場助成金について  この問題で私は、市が目標としている「大会に出場する児童生徒の割合」を平成27年度の60%を現状値とし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校グラウンドの改良を計画的に行うよう求める

 市議会9月定例会は、11日から13日まで一般質問が行われ、23人の議員が登壇しました。  私は、「小中学校グラウンドの排水・助走対策」と「小中学校児童生徒の各種大会出場補助金」の2件について質問しました。久しぶりの記事ですが、その2件のうちの一つ「小中学校グラウンドの排水・助走対策」の質問答弁の概要を紹介します。  なお、質問の全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹名プレート・樹木銘板設置でのまち歩きの魅力創出を提案

 私が、6月議会一般質問で取り上げた「樹名プレート・樹木銘板等の設置によるまちなか観光の魅力創出について」の概要を紹介します。  このテーマで私は、今年3月に市が策定した「第3次観光振興計画」を、国の「観光立国推進基本計画」を連動させるにあたっての基本的な考え方を質したほか、これまでにない発想で「まちなか観光」の魅力創出をと、市民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別徴収税額通知書への個人番号記載に重大問題あり!

 6月8日に開会した市議会6月定例会は、23日に閉会しようとしています。  今議会は、6月12日から14日までの3日間一般質問が行われ、25人が登壇しました。私も13日に質問に立ち、2つのテーマで当局の対応を求めました。  それは1つに、 「特別徴収税額決定通知書への個人番号記載について」であり、2つに「第3次市観光振興計画とまちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〝総合事業〟の予算上限、75歳以伸び率加算では不足の懸念

 3月になって初めてのブログ更新です。  この間、2月23日から始まった3月議会への対応で全く余裕がなかったのですが、今回はとりあえず私が2月28日に行った一般質問の内容に関して書いてみたいと思います。  私が一般質問で取り上げたテーマは、「介護予防・日常生活支援総合事業について」と「給水施設未整備地区解消の取り組みと集落管理簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月定例会一般質問、「新総合事業」「湊地区給水施設整備」での質問を通告

 2月16日、市議会2月定例会の一般質問の通告締切日で、私は下記の内容で通告しました。  20日月曜日に、通告事項の詳細説明――いわゆる当局による〝質問取り〟が行われます。 平成29年2月定例会 斎藤基雄の一般質問 1、介護予防・日常生活支援総合事業について ①介護認定の現状 ・旧北会津村、旧河東町との市町村合併後の平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農業の担い手確保問題を中心に一般質問

12月6日、会津若松市議会12月定例会一般質問の2日目、前日の代表質問に続き個人質問が行われ、私はその7番目に登壇し、①第3次会津若松市食料・農業・農村基本計画について、②国民健康保険税の申請減免の現状と課題について、の2件について当局の見解を質しました。 ①についての質問のポイントは、国が2023年までに法人経営体を201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「農業の担い手確保」「国保税の申請減免の拡充」などをテーマに12月定例会一般質問を通告

11月24日、12月定例会一般質問の通告締切日でした。 前日、集落に神社の祭典終了後に質問項目の整理をする計画でいたのですが、パソコンがトラブってしまい、夜の11時過ぎまでかかってエラーチェックを行い、何とか起動することを確認して、この日の質問準備はやめました。 通告締切日の24日は、午前中、市の北会津支所のピカリンホールで行われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公契約条例の導入検討を求め一般質問

 9月5日、私は会津若松市議会9月定例会一般質問で、「公契約条例の創設について」を取り上げ質問しました。質問項目は以前に紹介しましたので、今回は、質問答弁の大まかな内容について書きたいと思います。 確実に増えている公契約条例制定自治体  野田市の公契約条例制定から今年で7年。この間、川崎市、相模原市、多摩市、国分寺市、渋谷区、直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく9月定例会が開会、今回の一般質問のテーマは「公契約条例の創設について」

 9月1日から、会津若松市議会9月定例会が開会します。会期は、21日までの21日間です。  8月25日に一般質問の通告を行い、今日29日は所管課への細部説明、いわゆる「質問取り」が行われました。  今回、私が取り上げる一般質問は、「公契約条例の創設について」の一件です。以下に、質問通告した項目を紹介します。お気づきの点やアドバイスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域経済と雇用を支える小規模・中小事業者の育成策を質す

 6月13日に私が行った市議会6月定例会一般質問のもう一つのテーマ「小規模・中小事業者の育成について」の概略と視聴答弁等の感想を述べたいと思います。  なお、質問の通告項目は、本ブログで以前に紹介したので省略します。 2016年6月定例会 斎藤基雄の一般質問 「小規模・中小事業者の育成について」 小規模基本法成立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more