テーマ:神事・仏事

2020羽山神社祭礼に上馬渡・中田両集落の役員と氏子総代らが参列、コロナ感染防止で直会は実施せず

 4月28日は、羽山神社祭礼の日で、上馬渡と中田集落の当番の皆さんが早朝5時30分から参道の草払いを行いました。羽山神社は、館山と呼ばれる山の山頂にある葦名氏の家来、鵜ノ浦甲斐守の山城の跡に建っています。代々、上馬渡と中田集落が共同で管理しています。  この日の午後0時30分に集落役員と氏子総代が集合し、約30分をかけて山頂に登り、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019上馬渡天子神社・春日待ち祭礼で今年一年の無病息災、村内安全などを祈願

 1月3日、上馬渡天子神社の春日待ちの祈願祭が行われました。  各人の無病息災、村内安全を祈願するとともに、厄払いと歳祝いのご祈祷も合わせて行われました。昨年あたりから、厄払い歳祝いのほか、鬼門、病門、八方塞がりなど方位除のご祈祷を希望する人もいて、今年は11人もの人がご祈祷を受けましたが、方位除をすることには様々な意見があるようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

又従兄弟の一周忌法要に参列、改めて感じた刻の流れの速さ

 10月19日、又従兄弟の田中昭男さんの一周忌法要が、笹山の故人宅で営まれました。昭男さんが亡くなられたのは、昨年10月24日のこと。あれからもう一年になるのかと、改めて刻の流れの速さを感じます。  故人は、頼まれたら断れない…というよりかは、困っている人を見たら黙ってはいられない人で、そんな性分が慕われたのでしょう、多くの人から好か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故伊藤芳美さんの1年式年祭に参列、直会会場で彼岸獅子舞いを見る機会を得る

 3月23日、親戚・故伊藤芳美さんの一年祭に参列しました。芳美さんが亡くなられたのは昨年3月24日で、改めて月日の経つ早さを感じます。  式年祭は伊藤家のご自宅で守屋神社長谷川宮司の司式で執り行われ、その後大満寺裏の伊藤家墓地でお参りし、会食会場の市内いづみやでお呼ばれしました。  会食の最中、いづみやさんに小松の彼岸獅子と天寧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穏やかな正月、上馬渡天子神社の元旦祭と新年会行われる

 1月3日、上馬渡の天子神社で正月恒例の元旦祭が、厄年、祝い歳のお祓いと合わせ、長谷川宮司の下行われました。  お祓い、ご祈祷を受けた後、都合で参加出来ない人も何人かいましたが、氏子20名が参加して集落の新年会が神社分院で行われ、今年の抱負や仲間同士の旅行計画などを話題に親睦を深めました。お互いにとって良い1年になることを願いたいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母や祖父母の式年祭を行い一つの区切りをつける

 11月17日、2014年(平成26)に亡くなった母の5年祭、併せて祖父の20年祭、祖母の30年祭、曾祖父の50年祭を行いました。  午前10時、自宅で守屋神社長谷川宮司によって祭詞が奏上され、その後参列者全員で墓参りをし、市内のホテルいづみやで直会をしました。  不手際、不行き届きだらけだったかとは思いますが、自分としても一つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北会津町両堂の不動尊祭礼に「七つの子」メンバーで参拝

 9月3日、北会津町両堂の不動尊祭礼があり、語り部サークル「七つの子」のメンバー9人で見学かたがた参拝してきました。  これは、1年ほど前にサークルの中の話題となり、それじゃ来年の祭礼にみんなで行ってみようじゃないかということで計画されていたものです。話題の出発点は、語り部サークルの例会で「両堂のお不動様」の伝説が再話学習の題材の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集落の小社祭神事の一つ「雷神様」に初めて参加

 7月6日、わが上馬渡集落の昔ながら慣習である「雷神様」の神事で、葦名時代の森山城跡に祀った祠に集落の神社総代や区長と共にお詣りをしました。  雷神信仰は、小学館の「日本大百科全書(ニッポニカ)」によれば、「福島県も雷の多い土地として知られ、雷神の小祠が集落単位で祀られている。わが国では古代以来雷神信仰がみられ、『日本書紀』などで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親戚伊藤芳美さんの五十日祭、納骨式に参列し、改めて故人を偲ぶ

 5月12日、3月に突然亡くなった同じ上馬渡の親戚・伊藤芳美さんの五十日祭の御霊祀りが、守屋神社長谷川宮司の下で執り行われました。  芳美さんは4年前に亡くなった私の母と同い年で、私の同級生の父でもあります。式には、伊藤家の皆さんのほか親戚の者達20人ほどが参列し、在りし日の故人を偲びました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三宝はお供えでどのように置くのが正しいか、上馬渡天子神社祭礼で話題に

9月19日、上馬渡天子神社の祭礼があり、今年も守屋神社の長谷川宮司によりご祈祷が行われました。 その折、話題になったのが、仏事・神事で供物を供えるのに使われる三宝の正しい置き方はどのようなものかということです。 この話のそもそもの始まりは、先日13日の大満寺祭礼で、村のある人が、「三宝は繋ぎ目をお参りするこちら側に向けて置くのが正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上馬渡天子神社の春の祭典行われる

4月9日、上馬渡天子神社の春の祭典が守屋神社長谷川宮司のもと行われました。併せて、春の恒例で、古峯神社の碑の前で村内無火災のご祈祷も行われ、氏子ら14名が参列しました。 写真は、直会で挨拶する上馬渡の新区長中村大助さんです。 いよいよ春本番。それぞれが農作業に忙しくなる季節になりましたが、お互いに事故や怪我などしないよう気をつけて仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従姉妹の三回忌法要に出席

9月27日、一昨年10月に亡くなった従姉妹鈴木晶子の3回忌法要が、嫁ぎ先の父の23回忌、母の13回忌法要と合せ猪苗代長田で執り行われました。 従姉妹は56歳の若さで亡くなりましたが、夫の宣夫さんを始め3人の子ども達もそれぞれ元気に頑張っているのが何よりです。 磐梯山の紅葉はこれからですが、伊達政宗が芦名義広を破った摺上原の合戦場跡に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more