テーマ:訃報・弔意

イノシシ被害への対応~上馬渡町内会が集落環境診断を依頼し電気柵設置を計画

 どこの農村集落でも、年ごとに鳥獣被害が拡大し深刻化しています。とりわけイノシシ被害が深刻です。  わが上馬渡集落でも、畑作物が荒らされ、田畑の畦畔が掘り起こされ、今年は農業溜池の法面がまるで重機を使って掘り起こしたような被害も出ていました。  隣の西田面集落では、2軒の家で作業小屋にクマに入られる被害も出ました。  また、カモシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなる国の2次補正

 5月4日の国の緊急事態宣言延長、5日の福島県の緊急事態措置の継続を受けて、6日、会津若松市も新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、公共施設の休館・休業等の継続を決めました。  これらの対応は当然だと思います。問題はこれからです。国は約25億7千万円の補正予算を成立させましたが、コロナ禍で喘ぐありとあらゆる立場の国民を支えるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言延長、新型コロナ問題で苦悩し踏ん張っている東山温泉観光協会と会津若松商工会議所を訪ね現状を聞く

 5月4日、新型コロナ感染問題での緊急事態宣言について、政府は5月末までの延長を決めました。当然だと思います。より長い緊急事態宣言の期間になりますので、多くの指摘があるように中小・小規模事業者への休業補償や勤労学生などへの支援、追加支援を早く具体的に決めるべきです。  緊急事態宣言の延長が予測されている中の4月30日、日本共産党会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言を全国に拡大受け、会津若松市でも小中学校の再度の休業、観光施設・公共施設の休館・休園措置

 4月16日、安倍首相は4日に発出した7都府県以外の全ての道府県に対し、緊急事態宣言が発動されたのを受け、会津若松市でも様々な対応がされています。  その一つは、市内小中学校の再度の休業や観光施設、公共施設の休館や休園です。  また、室井市長からは、「本市では未だ感染者は出ていないものの、いつ感染者が出てもおかしくない状況だ」として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年度上馬渡町内会の事業開始を前に新体制による役員会を開催

 3月30日、上馬渡町内会の第1回役員会を町内の集会所で行いました。町内会区長として初めての会議主催です。  役員会では、31日が締め切りとなっている市民交通災害共済の加入取りまとめをまず行い、事務連絡や地区内の情報伝達、4月の行事・活動予定などについて協議を行いました。  また、役員会には、農業の多面的機能支払交付金事業の受け皿組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湊地区区長会が総会

 3月23日、湊地区区長会総会が湊公民館で行われました。  今年は区長改選の年で、総会には各集落から新旧区長が集まり、2019年度(令和元)の事業報告と決算報告、新年度の活動計画・方針と予算案が提案され、いずれも承認・採択されました。また、会長1名と副会長4名の五役を始め、区長会が所管する水難防犯防止協議会などについても承認されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020.3.22 語り部サークル「七つの子」総会が開かれ、新たな再話の学習方法などについて確認する

 3月22日、市内の料理店迎賓館で、語り部サークル「七つの子」の2019年度総会が開かれました。  会長の五十嵐征子さんは、新年度の七つの子例会は、4月のみつ輪かたんべ連絡会総会を経て5月から始まるが、講師の五十嵐七重先生から指導をいただく最後の年度になることが改めて話され、その後の活動のあり方をお互いに考えながら取り組んで行こうと挨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHOがパンデミックと表明の新型コロナウィルス感染症、福島県でも2例目の感染報告

 3月11日、WHOが新型コロナウィルス感染症の世界的拡大状況であるパンデミックにあるとの見解を表明しました。来るべきものが来たという印象です。  そんな中、14日には福島県で2例目となる感染者が出ました。  様々なイベント、公式行事が中止や延期され、人々の行動も抑制され、やむを得ないこととはいえ、社会活動・経済活動の停滞は深刻です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年度上馬渡町内会総会開かれ、次年度からの町内会区長に選出される

 3月8日、上馬渡町内会の各種総会が開かれました。  午前8時30分、町内会役員の斎藤俊博さんの司会進行で始まり、まず大竹洋一区長があいさつ、次いで新年度における湯殿山神社講中の代参人と古峯神社講中の代参人、それぞれ4名の抽選が行われました。  その後、議長に伊藤寅雄さんを選出し、農事組合、農用地利用改善組合、大満寺、天子神社、簡易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪不足による除雪従事人材確保への影響、学校敷地におけるグリホサート系除草剤の排除への認識で一般質問を行う

 2月定例会の本会議対応にいっぱいいっぱいでブログ更新がなかなか出来ませんでした(^_^;)  さて、その2月定例会ですが、3月2日、一般質問に立ちました。  この日5番目に登壇した私は、「雪不足問題の影響について」と「学校敷地における除草対策について」を取り上げ質問しました。  「雪不足問題」の質問の趣旨は、今シーズンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス感染症拡大がいよいよ深刻な事態、会津若松市でも市主催イベントについての当面の方針を発表

 新型コロナウィルス感染症拡大が日に日に深刻化しています。  福島県内では、まだ感染症陽性反応者は確認されていませんが、油断できません。  そのような中、2月26日、会津若松市コロナウィルス感染症対策本部は、「市が主催するイベント等の開催に関する当面の方針について」を発表しました。  その内容は、「市主催の不特定多数の参加者による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく2020年2月定例市議会、開会を前に各委員会分科会が所管する政策分野における課題について論点を抽出

 会津若松市議会2月定例会に提出される議案等の説明会が18日に行われます。定例会の開会は27日です。  現在、開会を前に各常任委員会委員で構成する予算決算委員会分科会では、市の総合計画に掲げられている政策分野に係る課題についての論点抽出作業を行っているところです。  ちなみに、私の所属する総務委員会・予算決算委員会第1分科会では、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演劇がまだまだ進化出来ることを見せた舞台「エブリ・ブリリアント・シング」

 1月25日から2月5日まで東京芸術劇場シアターイーストで佐藤隆太の一人芝居「エブリ・ブリリアント・シング」が上演され、観る機会がありました。翻訳・演出は谷賢一です。  内容もよく分からずに“一人芝居”…に惹かれて観ようと思った舞台でしたが、自分にとっては衝撃的な大収穫の舞台で、この舞台に出会えたことを心から幸せだと思いました。演劇に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市が男女共同参画都市宣言20周年記念事業を開催

 2月1日、会津若松市男女共同参画都市宣言20周年記念事業が會津稽古堂で行われました。約150人ほどが参加し、県内最初の都市宣言を行った2000年2月27日から20年となる節目の年を祝いました。  私が議員になって一期目の2016年に、会津若松市議会は議員提案で男女共同参画条例も成立させました。男女平等は少しずつ進んでいるとは思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年会津若松市議会2月定例会一般質問の事前通告は21人

 1月29日は、会津若松市議会2月定例会の事前通告の締切日で、締切時間の正午までに21人が通告したようです。  私も2件を通告しました。  1件目は「雪不足に係る対応について」で、雪国における雪不足は自然災害であるとの認識が広がっている中、市が独自に行うべき対応についての認識を質したいと思っています。  2件目は「小中学校敷地にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリホサート除草剤が世界で規制・禁止の流れの中、“安全”を言う販売元や日本政府

 グリホサート除草剤=ラウンドアップは、私も含め農家は元より一般家庭でもよく使われてきました。現在も重宝され頻繁に使われています。  しかし、かなり以前から世界では使用規制や禁止の流れが始まっていました。そのことを私が知ったのは、農民連の会報「農民」の記事によってです。  使用規制や禁止の理由は、発ガン性があることや生殖系への異常を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要支援と要介護は紙一重、父の介護認定区分の変更を申請し要支援1から一気に要介護4に

 1月9日、市高齢福祉課から父の介護認定が要介護4に判定されたとの通知がきました。  実は、昨年12月1日に夜7時半頃帰宅してみると、家の灯りが点いておらず、中に入ると、父がトイレへ行く通路で倒れていました。聞くと、昼頃トイレへ行こうとして転び、立ち上がれずそのままいたとのこと。  この週は12月市議会が始まるなど、対応に苦労しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上奈奈さんの絵本「せかいねこのひ」を使い、湊小学校図書委員の児童に読み聞かせのアドバイス

 1月15日、湊小学校の図書委員の皆さんに、読み聞かせについてのアドバイスを行いました。湊小学校が湊公民館と連携して行っている読み聞かせ事業の一環です。私自身、昨年の2月以来3度目の読み聞かせ指導です。  指導では、まず朗読をするときの姿勢や、ことばの強調の仕方にはどんなものがあるか、“間”とは何か、接続詞(つなぎことば)の表現を大事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村のそば打ち名人だった中村忠伊さんの葬場祭に参列

 1月4日、例年だと仕事始めの日ですが、今年は土曜日のためまだ正月休みです。官公庁の仕事始めは6日になります。  今日4日は、昨年暮れに突然亡くなられた上馬渡の中村忠伊さんの葬場祭が執り行われ、参列してきました。忠伊さんは、上馬渡伝承そば会を立ち上げ、ゆうパックの会津粗挽き田舎そばの商品化にも関わられたお一人で、まだまだお元気であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湊かたりべの会、崎川コスモス会の忘年会に招かれ昔語りを披露

 12月19日、湊かたりべ会が地域高齢者の会である崎川コスモス会の忘年会に招かれ、メンバーのうち5人が昔語りを聴いてもらいました。…のですが、私は大チョンボをしてしまい、午前9時30分開始だったのを10時開始と思い込んでいて遅刻してしまいました。私が会場に入った時、かたりべの会の田中会長が「野口英世の母シカの話」を語っているところでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域コミュニティバスの先進事例として

 12月26日、市議会総務委員会は政策討論会第1分科会を開き、地域コミュニティバスである金川町・田園町コミュニティバス“ふれあい号”に乗車し、また同バスの運営主体である運営協議会の会議を傍聴し、その後、協議会の皆さんと意見交換をしました。会津若松市の地域公共交通を課題にしている私達第1分科会が、会津若松市の公共交通空白地帯の課題解消を考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前進座の俳優今村文美さんの訃報記事にショック!

 12月24日の新聞で、前進座の俳優今村文美さんが亡くなったことを知り、大ショックでした。11月に会津若松市での会津演劇鑑賞会例会「柳橋物語」で素晴らしい演技を見せてくれたばかりでした。前進座のホームページによれば、今村さんが亡くなられたのは、「柳橋物語」の打ち上げ公演が岩手で行われ、その6日後とのことです。  前進座の看板俳優の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームとしての議会のあり方について課題提起、中村健早稲田大学マニフェスト研究所事務局長が福島県市議会議員研修会での…

 12月23日、郡山市磐梯熱海のホテル華の湯で福島県市議会議長会議員研修会があり、早稲田大学マニフェスト研究所事務局長の中村健氏による講演「地方創生は議会から始まる~人口減少×5G時代に議会はどう挑むか?」を聴きました。  講演の中で印象的だったのは、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)と呼ばれる自動運転技術の実証実験の各地での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019・12月定例会一般質問に通告した「令和2年度予算編成方針と今後の財政運営」「赤井谷地の保存対策について」で…

 12月2日、5日に開会する市議会12月定例会に通告した一般質問の細部聴取、いわゆる質問取りがあり、私は午後1時から担当課に説明しました。  私が今回通告した質問は、①「令和2年度予算編成方針と今後の財政運営について」と②「赤井谷地の保存対策について」です。  ①の財政運営の論点は、1)予算編成方針は類似事業の整理統合を促しているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「視覚障がい者のリハビリをすすめる会『あい・つう』」による斎藤和也氏の講演「私の人生はダブルヘッダー」を聴く

 11月24日、會津稽古堂で「視覚障がい者のリハビリをすすめる会『あい・つう』」による講演会がありました。  元福島高校校長の斎藤和也氏による講演で、演題は「私の人生はダブルヘッダー」です。斎藤氏のご子息洋之氏のサポートによる二人三脚の講演です。  斎藤和也氏は、59歳頃に緑内障で目が不自由になったとのことですが、退職後には視覚障が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1899年の若松市施行から120年、むつ市や余市町、南阿蘇村、中国荊州市など遠方からの来賓も迎え記念の催し盛大に行…

 11月23日、会津若松市の市制施行120周年記念式典と祝賀会が行われました。  会津若松市の市制は、1899年(明治32)に福島県内で最も早く若松市としてスタートし、昭和の合併で会津若松市と改称し、平成の合併を経て現在に至っています。  午後2時から會津風雅堂で行われた記念式典には1200人が出席したそうです。  当初は私も式典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会と市民との意見交換会で出された「白山公園」の管理に係る問題で現地調査

 第23回となる議会と市民との意見交換会が、11月11日から17日まで市内15地区で行われました。議員改選後、初めての意見交換会です。私の所属する班は第3班で、12日に日新、13日に城西、14日に北会津の3地区で意見交換を行いました。    11月18日、3地区のうち私と渡部認議員が担当した北会津町の白山公園の管理に係る問題について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県議選で日本共産党現有5議席確保! 会津若松市選挙区の古川芳憲候補は健闘するも及ばず

 11月10日、福島県議会議員選挙の投開票が行われました。  厳しい選挙戦でしたが、日本共産党は現有5議席を確保しました。須賀川市・岩瀬郡選挙区と会津若松市選挙区での議席獲得も目標にしていましたが、残念ながらかないませんでした。会津若松市選挙区の古川芳憲候補は、野党共闘を前に進める共産党の躍進で、県民に冷たい内堀県政を変えようと訴え大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県議選いよいよ最終盤、野党共闘を進める共産党が会津若松市選挙区で16年ぶりに議席獲得して暮らしに希望ある未来開…

 11月10日の福島県議選投票日が明日に迫りました。  選挙戦最終日の9日、私は原田俊広市議と午前午後で分担し、古川芳憲候補の街頭からの訴えに同行しました。午前中は私が担当し、市内日新町を皮切りに、中町野口青春通りまで市内17ヵ所から政策を訴えました。  古川候補は、高過ぎる国民健康保険税の引き下げ、高齢者へ公共交通の無料パス制度や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019・湊小学校の文化祭「湊小まつり」を見学

 11月2日、第21回となる湊小学校の文化祭「湊小まつり」が行われ、保護者や地域の方々とともに児童たちの発表を楽しく見させてもらいました。  一年生による開会のことばに始まり、市の「少年の主張」で高く評価された六年生児童の作文発表、猪苗代湖の水質について総合的学習の時間で調査研究した四年生の発表、一年生児童たちの劇など、どれも印象深い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more