テーマ:地域づくり

「湊町のことなら何でもお聞きください!」 基幹集落センターの一角に“みなと案内所”オープン

 9月6日、会津若松市基幹集落センターの一角に“みなと案内所”がオープンしました。みんなと湊まちづくりネットワークの取り組みです。  たまたま訪れたところ、湊PRバンドの小檜山ミネ子さんから、「宣伝をよろしく!」と声を掛けられ、この取り組みを知りました。  案内所は毎週1回、金曜日にオープンだそうで、立ち寄られた方々に湊町の情報をお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期せずして出されたキーワード、人口減少の中で〝地域づくり〟をどう進めるか!

 1月7日、湊区長会の主催による合同新年会がキッチン桂で行われ、各町内の役員や各種団体の代表、また市長はじめ来賓を合わせ約50名が出席しました。  主催者を代表して小檜山昭一湊区長会長が挨拶し、現在市が行っている給水施設整備事業の進捗状況やイベントバスの取り組み、また市がこれから湊地区で進めるブロードバンド環境整備などICTを活用した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市内4地区代表が地域活性化の取組み事例発表

2月7日、午後1時から會津稽古堂で「地域づくりミーティング&活動報告会」が行われ、北会津地域づくり委員会、河東地域づくり委員会、湊地区地域活性化協議会、門田地区各種団体連絡協議会の4団体による事例発表、青木孝弘会津大学短期大学部講師がコーディネーターとなってのパネルディスカッションなどが行われました。 活性化を目指す地域の自主的な取組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴力追放は市民共通の課題

10月3日、午後1時30分から會津風雅堂において第21回暴力追放会津若松市民大会が行われ、参加してきました。 今大会から「会津侍 若松っつん」が暴力追放のキャラクターになったようで、会場で配布された資料の中に日新館童子訓を引用した「ならぬこと暴力団はなりませぬ」と中抜き文字で大きく書かれた文字をもって立ちはだかる若松っつんのクリアケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松、喜多方両市議会が初の交流事業の試み

7月1日、市内中の島において会津若松市議会・喜多方市議会交流事業研修会が行われ、会津大学短期大学部地域活性化センター特任研究員の森文雄先生から「活性化を目指す多様な地域づくりの視点と会津地方の可能性」と題し、講演をいただきました。 若松、喜多方両市議会の交流事業は初めての試みです。 交流の目的は、一自治体では解決できない課題(少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植田浩史慶大教授招き中小企業振興基本条例学ぶ

3月30日、会津若松市議会政策討論会第3分科会は、植田浩史慶大教授を招き、「地域産業政策と中小企業振興のあり方~中小企業振興基本条例を中心に」のテーマで講演をしていただきました。 この日は、分科会を構成する市議会産業経済委員のほかメンバー以外の議員、市観光商工部の職員を始め、会津若松中小企業家同友会の方など多数が聴講しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

示唆に富んだ結城登美雄氏の講演

 11月12日、どぶろく特区河東地域振興協議会主催、会津若松市共催、あいづ商工会後援による「既存資源を活かした地域づくりフォーラム」に参加してきました。  フォーラムでは、まず早稲田大学や東北大大学院の非常勤講師などを勤めておられる民俗研究家の結城登美雄氏による講演「『ないものねだりとじ』から『あるものさがし』へ~既存資源を活かした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福大小山准教授を迎え、産業振興をテーマに政策セミナー

 昨28日、会津若松市議会政策討論会・第3分科会は、福島大学経済経営学類の小山良太准教授を迎え、「農商工観連携による地域産業全体の振興について」の政策研究セミナーを開催しました。  政策討論会というのは、昨年6月定例会で制定した議会基本条例に基づいて設置された政策研究・討議のための組織です。  これは、議員全体による全体会、4つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more