テーマ:演芸

芸能好きが大集合!、「令和元年あいづ歌と演芸祭り」が賑やかに開催

 10月6日、会津若松市文化センターで「令和元年あいづ歌と演芸祭り」が開かれました。  初めての開催だそうで、朝10時から始まった歌や踊りなど演芸はプログラムが80番までありました。  私も、出てもらえないかとお誘いを受け、先日も全会津民話祭りで語った昔話「狐の大田原会議」を語ってきました。昔語りではもう一人、全会津語りの会の角田成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とってもお得~鈴本早朝寄席

 「レ・ミゼラブル」を観る前に、上野は鈴本演芸場の早朝寄席を覗いてきました。  レミゼが12時開演のため10時開演の早朝寄席は、残念ながら二人の噺を聞いたところで会場を出なければなりませんでした。  聞いたのは柳家麟太郎さんの「真田小僧」と古今亭駒次さんの「禁酒番屋」です。どちらも大変面白かったです。  真田小僧は、子が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて聞いた桂三若さんの高座

 10月11日、鶴城コミュニティ・センターで「桂三若独演会」がありました。  桂三若という名前を知ったのも、この会を知人に勧められてからのことですから、もちろん聞くのも初めて。  しかし、上方落語独特の軽快な語り口で、なかなか口跡もいい噺家さんで、たいへん面白く聞きました。  この日の出し物は、桂三枝作「宿題」と古典の「紙入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more