テーマ:森林環境税

2019会津若松市議会9月定例会総括質疑で森林環境整備基金条例、一般会計補正の林業振興費、介護保険特別会計決算の総…

 9月20日、会津若松市議会9月定例会の継続本会議で総括質疑が行われました。  5名が質問し、私が1番目に質問しました。  私が取り上げたのは、森林環境整備基金条例と、この基金を活用して実施する令和元年度一般会計補正歳出の林業振興費「森林経営管理事業費」、平成30年度介護保険特別会計決算の「介護予防・日常生活支援総合事業費」の3件で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創設を国に求めた会津若松市議会議員はどう思っているのだろうか? 復興特別住民税廃止して名前変えるだけの森林環境税

 会津若松市議会9月定例会には、一般会計補正予算歳入の部に国の森林環境税譲与税、約1,240万円が計上されています。  森林環境税は、2024年度から住民税に1000円上乗せして徴収されます。同年に廃止される復興特別住民税の看板を付け替えるものです。  日本共産党会津若松市議団は、福島県が既に森林環境税の賦課を実施しており二重課税に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more