テーマ:ミュージカル

シルバー世代への応援メッセージがいっぱい! NLT公演「ミュージカルO.G.」

 9月13日、会津演劇鑑賞会例会で劇団NLT公演「ミュージカルO.G.」を會津風雅堂で観ました。まきりか脚本・作曲、本藤起久子演出、大原晶子振付、村井一帆ピアノ、出演は旺なつき、阿知波悟美、池田俊彦の3人だけです。  舞台は、間もなく閉店する新宿のキャバレー「ミラクル」の控え室。そこのステージで38年間歌い続け還暦を迎えた歌手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな発見あるも何故か感動薄かった日本上演32年目の「レ・ミゼラブル」

 5月11日、帝国劇場で上演中の「レ・ミゼラブル」を観ました。日本上演32年目の舞台で、毎回チケットの入手が困難な作品です。特に今回は、1ヵ月分の座席が、前売り開始とともに即日完売という異常な事態となり、私も登録しているチケット流通センターでは、S席1枚を12万円の値段で出品しているものまでありました。  日本上演10周年の頃から「レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度目の観劇で初めて気づいた沢山の見所~屋根の上のヴァイオリン弾き

 12月25日、日生劇場で「屋根の上のヴァイオリン弾き」を観ました。この作品を観たのは4、5年前(?)以来2度目です。前に観た時もそれなりに感動したのですが、今回はいろいろな発見もあり、作品の魅力を感じることが出来ました。  まず、私の座席位置がラッキーだったかと思います。何と、普段はオケピットが置かれている場所の最前列の上手側の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝劇「レ・ミゼラブル」でお目当ての鈴木ほのかマダム・テナルディエ観られず!

 6月2日、日本公演30周年のミュージカル「レ・ミゼラブル」夜の部を帝国劇場で観ました。日本公演10周年から観始まりましたので、私にとっては観劇20周年になります。  今回の目当ては、実は鈴木ほのかさんのマダム・テナルディエでした。期待でワクワクして劇場に入り配役ボードを見ると、同役は何と森公美子さん!  会場スタッフに聞くと、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分かりやすく深かったイッツフォーリーズのミュージカル「死神」

9月28日、会津演劇鑑賞会例会・イッツフォーリーズ公演、ミュージカルコメディ「死神」を會津風雅堂で観ました。原作・今村昌平オペラ「死神」、脚本・水谷龍二、演出・鵜山仁、作詞・藤田敏雄 大谷美智浩 山川啓介、音楽・いずみたく 吉田さとるなどによる舞台です。 物語は、主人公の流行らない葬儀社の主人・早川実=左とん平、蠱惑的な若い死神ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わらび座ミュージカル「ブッダ」を観る

 10月18日、會津風雅堂でわらび座の公演があり観てきました。作品は手塚治虫原作、斎藤雅文脚本、栗山民也演出、甲斐正人作曲のミュージカル「ブッダ」です。  壮大な物語をよく2時間の舞台に仕上げたものだと感心しましたが、もちろん舞台にも感動しました。  まず、ベルを使わずの開演。これは当然演出の発想だと思いますが、悠久の時が流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらぬ感動~映画「レ・ミゼラブル」

 1月9日、銀座マリオンの東宝シネマズで、舞台ミュージカルを映画化したキャメロン・マッキントッシュ製作、トム・フーパー監督、クロード=M・シェーンベルク作曲の「レ・ミゼラブル」を観ました。  この作品については前々から知っていて、実は映画を観る1週間ほど前にサウンド・トラック版のCDを求めて聞いていました。  しかし、CDからはド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ポリアンナ物語」公演、好評裡に終了

 8月1日、劇団はんぷてぃ・だんぷてぃ創立20周年記念第18回公演・ミュージカル「ポリアンナ物語」が、好評のうちに終了しました。  今回の作品は、97年12月に上演した作品のリニューアル版です。台本を一部手直しすると共に、楽曲を3曲増やし、その全ての作曲をデューク・エイセスの大須賀ひできさんにお願いしました。  大須賀さんにはお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大須賀ひできさん迎え歌の集中稽古

 5月1日、2日の2日間、大須賀ひできさんを迎え、劇団はんぷてぃ・だんぷてぃの創立20周年記念公演、ミュージカル「ポリアンナ物語」の挿入歌を集中稽古しました。  「ポリアンナ物陰」には挿入歌が36曲ほどあり、その全ての作曲を大須賀にお願いしています。  大須賀さんは、デュークエイセスのメンバーとしてのお忙しい活動のなかで、いま懸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華やかな舞台の裏側の人間模様~「アプローズ」

 19日、会津演劇鑑賞会の例会で、前田美波里さん主演のミュージカル「アプローズ」を観ました。演出は浜畑賢吉さん。  舞台はトニー賞の発表会から始まり、美波里さん演じる自他共に認める大女優マーゴが、いつの間にか自分の付き人になり、自分を利用し踏み台にしてのし上がり、トニー賞を受賞した新進女優にブレゼンターとしてトロフィーを渡す場面から始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存在感あった今井バルジャン

 昨日、帝国劇場で「レ・ミゼラブル」マチネを観てきました。  何度観ても大きな感動を与えてくれる作品です。  配役は、バルジャンが今井清隆、ジャベールに今拓哉、エポニーヌに坂本真綾、ファンテーヌに今井麻緒子、コゼットに辛島小恵、マリウスに泉見洋平、テナルディエに駒田一、マダム・テナルディエに阿知波悟美という布陣。  何と言…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

舞台装置に表れる演出意図~屋根の上のヴァイオリン弾き

 昨日、日生劇場で上演中のミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」を観ました。  かねてより観たいと思っていた舞台であったので、漸く念願が叶いました。  とは言うものの、映画も見てなかったので、内容は全く知りませんでした(^_^;)  舞台を観て初めて、革命前の帝政ロシアの片田舎、小さなユダヤ人村が舞台で、信仰心の強い主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち遠しい「レ・ミゼラブル」観劇

 10月18日、帝国劇場「レ・ミゼラブル」昼の部のチケットを買うことができました!  しかも、A席で!  ……って、早い話、A席しか残っていなかったということです(^_^;)  でも、本当に楽しみです。  今回は6回目の観劇ですが、キャストは、初めて観る人ばかり!  それも楽しみの理由です。  今回観る主な配役は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のわらび座会津公演「火の鳥~鳳凰編」

 今夜は、会津風雅堂で久々のわらび座公演、栗山民也演出、甲斐正人音楽、ミュージカル「火の鳥~鳳凰編」を観てきました。  栗山民也さん演出の舞台は初めて観ましたが、妹尾河童さんの舞台美術とマッチしたダイナミックな演出で、とても良かったと思います。  特に、我王と速女、茜丸とブチの異なる空間にいる2組のデュエットが、1つの舞台でシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待を超えた鹿賀・シラノ!

 9日、日生劇場で上演中のミュージカル「シラノ」を、友人三人と観ました。  原作は、もちろんエドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」です。  台本・作詞レスリー・ブリッカス、作曲フランク・ワイルドホーン、演出山田和也、シラノ鹿賀丈史、ロクサーヌ朝海ひかるで行われた今回の東京公演は、世界初演だそうです。  原作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわやかな感動くれた“大須賀ひできライブ”

 昨夜、若松栄町教会で「大須賀ひできライブ~輝く時の中で」を行いました。  会津では2年振りの大須賀さんのライブで、遠く新潟や栃木、また茨城や東京から聴きに来られた方もあり、約100名の来場者で会場はいっぱいでした。  20年以上も前のことですが、大須賀さんは自身のアルバムの中で、「僕のライフワークはラブソングを歌い続けること」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作意欲を刺激する原作の深い奥行き

 昨夜は放映があることを知らずに、BS2で偶然「ベン・ハー」を見ました。  「ベン・ハー」は何度も見ましたが、いつ見ても感動させられます。  先日(9日)も同じように、BS2でシドニー・ルメット監督のミュージカル映画「ウィズ」(1978年)を、後半の1時間だけですが、偶然見ました。  この映画は、劇団はんぷてぃ・だんぷてぃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶり! 10月に会津で「大須賀ひできライブ」

 10月11日(土)、大須賀ひできさんのライブを行なうことになりました。一昨年の11月に行なって以来2年ぶりです。  大須賀ひできさんは、シンガーソングライターとして、またミュージカル俳優として活躍しており、その高い歌唱力と人柄の良さで全国各地に根強いファンがいます。    以前にもブログで紹介しましたが、大須賀さんとは30年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台の裏でもドラマが ~ 「ポリアンナ物語」公演終える

 12月2日、劇団はんぷてぃ・だんぷてぃ第16回公演「ミュージカル・ポリアンナ物語」の2ステージの公演が終わりました。      「ポリアンナ物語」舞台写真から~プロローグ  いろいろなハプニングがありました。  主役のポリアンナ役の五ノ井ともが数日前から熱が続き、1日夜のゲネプロでは声が出なくなり、急遽病院へ!  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新しい演出で深み増した「レ・ミゼラブル」

 劇団はんぷてぃ・だんぷてぃの東京観劇旅行2日目は、これこそ今回のツアーのメイン! 「レ・ミゼラブル」日本上演20周年記念公演の観劇です。  はんぷてぃの観劇旅行で「レ・ミゼ」を観るのは5回目ですが、今回同行した子どもたち7名はいずれも初めての観劇。私も、新しいカンパニーになってからは今回が初めてです。  以前に観た舞台とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more