テーマ:会津若松市議会

今期最後の市議会閉会、情報格差解消のための超高速ブロードバンド環境整備の補正予算などに賛成

 6月28日、任期中最後となる定例会6月市議会が閉会しました。  採決に付された諸案件のうち、令和元年度会津若松市一般会計補正予算には、市内湊地区、大戸地区などへの光回線敷設による超高速ブロードバンド環境の整備をするための市の補助金約1億1,660万円が計上されました。国1/3、市2/3の補助で行われる事業ですので、総事業費は約1億8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

任期中最後の議会、会津若松市議会6月定例会が開会

 6月13日、会津若松市議会6月定例会が開会しました。  市長からは、一般会計補正予算など14の案件が提出されました。  案件が少ないせいなのか、自身の選挙準備のためなのか、議案に対する総括質疑を通告したのは共産党市議団の私と原田俊広議員、そして鈴木陽議員と阿部光正議員の4名だけです。  私が取り上げるのは、一般会計補正に計上され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議員任期中の最後の定例会6月議会が間もなく開会、4つのテーマで一般質問を通告

 6月13日に市議会6月定例会が開会します。  それに先立ち、5日提出される議案の説明会が行われました。6月定例会は、例年、提出案件が少ないのですが、今年も14件と少なく、私の所属する産業経済委員会と予算決算委員会第3分科会に付託・分担される案件はないことが判りました。ただし、当局要請による委員会協議会があるようですので、当局の取り組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改選前最後となる2019・6月市議会定例会一般質問に3件を事前通告

 5月17日、8月の市議選改選前の最後の議会となる市議会6月定例会一般質問の事前通告の締切日でした。  私は、市議選の政策にも関係する事項を質問することにし、3件を通告しました。  その1つ目は、「今後の財政運営と市債管理について」で、庁舎建設などいくつもの大型事業が予定されている中で、かつての財政再建プログラムに基づく超緊縮財政運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

容易ではないが議会と市民との意見交換会のあり方に新たな示唆を与えた東山地区での意見交換会

 5月13日、市議会第1班は東山地区での意見交換会に臨みました。女性6人を含め21人の市民が参加され、防災や除排雪問題、市庁舎整備などについて沢山の意見をいただきました。  その一つひとつは紹介しませんが、参加者が述べられた意見の中で、例えば“市が大きな経費を掛けて作ったハザードマップの見方が分からないし、人に説明も出来ない。これでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大戸地区で光回線敷設・イノシン被害対策などをテーマに意見交換

 今後7日、第22回となる議会と市民との意見交換会が始まり、私の所属する第1 班は、大戸地区の皆さんと光回線敷設やイノシン被害対策を中心に意見交換をしました。  光回線敷設については、現在市がプロポーザル方式での事業者選定に入っており、かねてよりの課題解消に向けて大きく前進している状況を議会側から報告し、参加者から喜ばれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年度一般会計当初予算477億4200万円など66案件、会津若松市議会2月定例会始まる

 2月21日、会津若松市議会2月定例会が開会しました。  今回市長から提出された案件は、総額477億4200万円の一般会計当初予算など66件です。このうち条例案件は40件ありますが、33件は10月からの消費税10%への増税を見込んだ使用料・手数料の改定を内容とするものです。現在、毎月勤労統計の不正を巡る国会審議で、労働者の実質賃金が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会のペーパーレス化に向けタブレット体験会行われる

 1月30日、議会のペーパーレス化に向けたタブレット体験会が会津若松市議会議場で行われ、20名ほどの議員と議会事務局職員が、「moreNOTE」という端末を開発した富士ソフトの職員の説明を聞きながら、会津若松市の昨年12月議会の議案書の一部を取り込んだ端末を操作する体験を行いました。  端末には、メモ書きや、付箋貼り、アンダーライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市議会広報広聴委員会で市民意見に対する検討結果表現の適否などを協議

 1月15日、午前9時30分から広報広聴委員会が開かれ、2月1日号の「広報議会」の校正と、昨年11月に実施した第21回意見交換会で寄せられた意見や、昨年夏に初めて行った「議会広報紙モニター」で寄せられた市政、議会全体に関わる意見に対する議会としての回答(検討結果)について、内容が適切であるかどうか協議しました。これらは、今後の意見交換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予算決算審査委員会分科会が観光施設事業特別会計から一般会計への異例の繰出に対し釘を刺す意見をまとめる

 12月17日、会津若松市議会予算審査決算審査委員会第3分科会が開かれ、市議会12月定例会に提案された2件の一般会計補正予算と同じく2件の観光施設事業特別会計補正予算について審査しました。  このうち一般会計に計上された「2019春の観光誘客促進事業」2450万円の財源1550万円が観光特会の史跡若松城整備等基金の積立予定額を減額し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通告した総括質疑の案件について当局担当者に論点等を説明

 12月7日、午後2時から、昨日通告した総括知る義の案件「会津若松市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例」について、市当局の担当者に論点等について説明しました。  私が論点とするのは、「東京一極集中是正を掲げた地域再生法は、本市の経済活性化や雇用の場の確保にとって真に効果はあるのか。具体的効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月市議会定例会開会、公共施設総合管理計画の実施に向けた機構改革などが提案される

 12月6日、会津若松市議会9月定例会が開会しました。  今回、市長から提出された案件は、来年5月の天皇即位に伴い10連休となることを観光誘客に繋げようとする取組の事業費2400万円余、心身障がい者医療費やひとり親家庭医療費の窓口無料化による扶助費の増額合わせて5600万円余などを含む一般会計補正予算など予算案件10件など全体で17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会と市民とが双方向で意見交換した湊地区での第21回意見交換会

 11月8日、会津若松市議会第1班に所属する私たち6名の議員は、第21回となる議会と市民との意見交換会で湊地区を訪れ、「福祉除雪に対する行政支援のあり方」を中心テーマに地域の実情を聞き、意見交換しました。  福祉除雪は、人口減少と高齢化の中で、自ら自宅周りの除雪を行うことが困難な世帯を除雪ボランティアで支援する仕組みです。自治体に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018・9月定例会閉会、共産党市議団として原田議員が討論

 9月27日、会津若松市議会9月定例会の最終品会議が行われ、各議案等に対する討論と表決がありました。  日本共産党市議団は、原田俊広議員が代表して討論を行い、①30年度一般会計補正予算、②30年度国保特別会計補正予算、③30年度介護保険特別会計予算、④29年度一般会計決算認定、⑤29年度介護保険特別会計決算認定に反対の討論を行いました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市議会9月定例会開会、議員提案で議員定数条例改正も提案される

 9月6日、会津若松市議会9月定例会が開会しました。  市長からは、8億2857万円の30年度一般会計補正など予算案件13件など計46件が提出されたほか、議員提案による議員定数条例改正案が2件提出されました。  それらの案件に対する総括質疑について、私は、議員定数を2名削減しようとする条例改正案と、承認案件である29年度一般会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各派代表者会議で議長が、9月議会での議員定数条例改正案取扱いの考え示す

議員提案による最大4件の改正案を想定  8月10日に開催された各派代表者会議において目黒議長は、7月25日の政策討論会全体会で、議員定数の変更に関する考えを〝4論併記〟とした議会制度検討委員会の最終報告書「議員定数のあり方について」が了承されたことを受け、9月6日から始まる9月定例会に議員提案(1/12以上=3名以上)による議員定数条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年9月の決算議会に向け委員会としての準備始まる

 8月9日、市議会予算決算委員会第3分科会(産業経済委員会)が開かれ、決算議会である9月定例会に向けて分科会として一体的・重層的に質疑を行う29年度事業についての絞り込みを行いました。  第3分科会が所管するのは、農政部と観光商工部、農業委員会が行った事業ですが、市の第7次総合計画に位置付けられた政策・施策の中からということで、農政部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく議会広報紙モニターへのアンケート実施

 7月10日、会津若松市議会広報広聴委員会が開かれ、議会広報紙8月1日号の編集に係るチェックや、その広報紙に対する初めてのモニターアンケート実施についての日程やアンケート記述の取りまとめ方法などについての確認などを行いました。  モニターを依頼した約60人の市民からどのような感想や意見が寄せられるか、またそれを広報紙にどのように反映さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月定例会、一般質問で市長公務の透明性の確保をいかに図るか質す

  市議会6月定例会は18日から20日まで一般質問が行われ、22名の議員が登壇しました。日本共産党市議団は原田議員が18日に、私が19日に登壇しました。  このうち私が19日行った一般質問のうち、「市長公務の透明性の確保について」の概要を紹介します。 市長が〝適正だ〟と言うだけでは晴らせない疑念  本年2月定例会の一般質問など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月市議会定例会開会、税条例改正と電子黒板購入に関する案件で総括質疑を通告

 6月14日、会津若松市議会6月定例会が開会しました。  今回提出された案件は、税条例改正など条例案件3件、財産取得の契約に係る案件など単行案件3件、月例監査報告に係る報告案件6件、税条例改正の専決処分に係る承認案件1件の計13件で、予算案件はありません。私が議員になって15年になりましたが、この中で予算案件のなかった定例会は、今回が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月に実施した「市民と議会との意見交換会」の総括会議を実施、今後の改善点などで協議

 5月28日、会津若松市議会広報広聴委員会が開催され、5月7日から13日にかけて実施された「第20回市民との意見交換会」の総括会議が行われました。  総括会議には、広報広聴委員のほか意見交換会の議員班、1班から5班までの班長も出席し、市内15地域での意見交換会の概要と次回への申送り事項、事後処理報告の内容などについての説明、また、各班…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たに設置の市議会広報誌モニターへ委嘱状交付

 会津若松市議会は、今年度から議会が年4回発行している「あいづわかまつ広報議会」のモニター制度を始めることにしました。公募の市民や、市内各種団体に推薦をお願いし、高校生以上の方約60人にモニターになっていただくことになり、5月14日、モニター委嘱状の交付式を議場で行いました。  モニターの皆さんには、年に2回、5月1日号と8月1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市議会6月定例会一般質問の事前通告に「市長公務の透明性の確保」など3件を通告

 5月17日は、6月定例会一般質問の事前通告締切日でした。  私は、次の3件を通告しました。 (1)市長公務の透明性の確保について ①議会に提出した市長公務に係る文書の記載内容の妥当性 ②国家公務員倫理法及び国家公務員倫理規程と地方公共団体との関係についての認識 ③市長公務における透明性の確保に係る認識 (2)会計年度任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党市議団「2017年度版・議会報告」を発行、新聞折り込みで全市に配布

 日本共産党会津若松市議団は、2017年度の議会活動のまとめとして「市議会報告」を作成し、3月31日付の新聞各紙に折り込み、市内の新聞購読世帯に配布するとともに、「しんぶん赤旗」購読世帯にも配布しました。  左に、表面・裏面を写真にして貼っておきました。文字が小さくこのままでは読めないと思いますが、写真を左クリックし、更に左クリックす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新体制となった農業委員会役員と産業経済委員会が意見交換

 2月1日、農業委員会等に関する法律の改正により、本年7月から新たな体制となった農業委員会役員と市議会産業委員会が意見交換会を行いました。  今回の意見交換会は、農業委員会側からの申し入れによるもので、梶内正信会長を始めとする農業委員、農地利用最適化推進委員の皆さんと農地利用集積や米の直接支払い交付金の廃止に伴う課題、新規就農の状況、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インバウンド観光セミナーを総括し、今後の政策討論会分科会の方向性について議論

 1月26日、政策討論会第3分科会(産業経済委員会)が開かれ、今月22日に行われた矢ヶ代東洋大准教授を迎えてのセミナーについて総括しました。  このセミナーで私自身、新しい知見を得ましたが、他の委員も同様で、大いに刺激を受けたようでした。  議論、意見交換を通して、次の2月定例会で委員の誰かが一般質問でインバウンド観光を取り上げ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北のインバウンド観光はデータ蓄積・分析が不十分~矢ヶ崎東洋大准教授が市議会セミナーで指摘~

 1月22日、市議会政策討論会第3分科会(産業経済委員会)は、矢ケ崎紀子東洋大学国際観光学部准教授を招き、「インバウンド観光の現状と今後の課題」のテーマで政策セミナーを開催し、分科会委員のほか、市の関係部署の職員、民間の観光関連団体の役職員、観光事業者、グリーンツーリズムに取り組んでいる市民、近隣市議会議員など多数が参加しました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市議会の「議会改革」調査の共産党沼津市議と懇談する

 1月17日、沼津市議会「議会活性化検討委員会」の皆さんが会津若松市に来訪されました。調査は、18日に行うとのことですが、共産党沼津市議の中田孝幸議員から意見交換をしたいとのお話があり、宿泊先に出向き懇談しました。  沼津市議会の状況なども伺いながら、共産党会津若松市議団が会津若松市議会の「議会改革」についてどのように評価しているのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市議会2月定例会が開会、会期は3月21日までの27日間

 2月23日、会津若松市議会2月定例会が開会しました。  今回市長から提案されたのは、過去2番目の規模となる29年度一般会計当初予算など予算案件24件、ふるさと寄附金基金条例の新設など条例案件10件、徳久工業団地整備事業に伴い、門田町の一部の字の区域を変更する単行案件1件の計35件です。会期は3月21日までの27日間です。 目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取下げざるを得なくなった「共謀罪」創設反対の意見書提案

 2月17日、午後3時30分から市議会各派代表者会議が開かれ、前回2月10日の代表者会議で、3会派から提案されていた意見書案について、各会派が持ち帰り検討した結果のとりまとめが行われました。  提案されていた意見書案は、創風あいづ(代表・横山淳議員)から県知事に対する「JR只見線の早期全線復旧を求める意見書」、社民党・市民連合(代表・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more