会津若松市議選いよいよ最終日、「斎藤もとお」あと一歩です!

 会津若松市議選も8月3日の最終日を残すのみとなりました。 8月2日は、市内東山院内を皮切りに32ヵ所の街頭から政策を訴えました。神指の如来堂では冷たい缶コーヒーの差し入れをいただき感激しました。 また、飯盛団地では、県立病院跡地を8億3千万円で市が購入し、子育て支援施設を核とした複合施設建設の計画について、県の病院経営の赤字補填の肩代…
コメント:0

続きを読むread more

市議選5日目、子育て支援策の訴えに共感寄せられる

 8月1日、市議選も5日目、終盤に入りました。 この日も湊町小坂での街頭からの訴えを皮切りに、市内32ヵ所から訴えました。 訴えの中で、子育て支援策として2つのことを話していますが、どこでも共感を寄せられています。 訴えの1つは、「国民健康保険の子どもの均等割負担は子育て支援、少子化対策と真逆のものであり、南相馬市のように直ちになくすべ…
コメント:0

続きを読むread more

街頭演説を中心とした候補者活動、コンパクトに話せたところで聴衆の好反応

 7月31日、湊町原での街頭演説から始まり、この日は27ヵ所の街頭から政策を訴えました。 どの場所でも基本的には同じ内容を話しているのですが、話が長くなってしまうことがあります。話しながら、自分でも長くなっていることを感じているのですが、如何ともし難いものです。 総じて、演説が長くなった場所での反応は良くありません。しかし、コンパクトに…
コメント:0

続きを読むread more

折り返し点迎える会津若松市議選~斎藤もとおまだ当選圏に及ばず!

 会津若松市議選3日目の7月30日、湊町四ッ谷での街頭宣伝を皮切りに市内30ヵ所から政策を訴えました。 過去の選挙では2日目に喉が潰れ、3日目には全く声が出なくなっていたのですが、今回はシャガレ声になってはいるものの、しっかりと声を出せています。 それは大きな進歩で、政策を訴えて斎藤もとおへの支持の掘り起こしに繋がっていると確信していま…
コメント:0

続きを読むread more

市議選2日目、市内31ヵ所の街頭から訴える

 7月29日、会津若松市議選2日目、かなり暑くなった中、予定よりも2ヵ所多い31ヵ所の街頭から政策を訴え、支持をお願いしました。 聴衆が1人もいなかったところもありましたが、1人でもいたところでは、「斎藤もとお」への新たな支持の掘り起こしがあった手応えを感じました。 しかし、現状は残念ながら「斎藤もとお」の当選はまだ見込めない状況である…
コメント:0

続きを読むread more

5期目を目指し市議選に立候補、初日19ヵ所の街頭から訴える

 7月28日、会津若松市議会議員選挙が市長選とともに告示されました。 5期目の議席を目指し、私も立候補しました。前回より2削減された28の定数を、現職24人、元職1人、新人7人で争う4人はみ出しの大激戦です。 私は18番目に受付られ、午前9時30分に地元上馬渡集会所前で第一声を行い、その後湊地区内や市内全域18ヵ所の街頭から、会津若松市…
コメント:0

続きを読むread more

歴史的参院選終わる、与党が改選過半数で勝利するも改憲発議の2/3には届かず

 7月21日投開票で行われた参院選の結果を、皆さんはどんなふうにご覧になったでしょうか。 野党統一の水野さち子さんの勝利のために私も頑張りましたが、残念ながら次点ということになりました。相手の森まさ子氏に10万票を超える差をつけられましたが、会津17市町村の合計で水野さんの得票が上回ったことは、水野さんの勝利を願った多くの人の奮闘の結果…
コメント:0

続きを読むread more

参院選いよいよ明日が投票日、棄権せず私たちの1票で政治を変えよう!

 参院選の投票日がいよいよ明日7月21日に迫りました。 政権交代こそありませんが、今度の参院選は日本の命運がかかるこれまで以上に大事な選挙です。 安倍政権が進めようとしている9条改憲をストップさせ、更には10月からの消費税増税を止めさせることが、私たちの1票にかかっています。“アベ政治はおかしい”、“アベ政治は危険だ”、“政治を変えなけ…
コメント:0

続きを読むread more

震災・原発事故からの復興は大事な課題だが……19日付「民友」紙の記事に違和感

 7月19日の「福島民友」紙の参院選ルポで、各党党首が東京で街頭から訴えた内容について書いていました。 震災・原発事故からの復興が大きな課題になっている福島県の報道機関の記者だからこその視点ではありますが、ほとんどの党首が震災・原発事故からの復興に触れていなかったことを取り上げ、被災地が置き去りにされているという記者の受け止めが書かれて…
コメント:0

続きを読むread more

参院選いよいよ終盤戦、改憲勢力に3分の2確保を許さないために福島選挙区で必ず野党統一候補の勝利を!

 参院選がいよいよ終盤戦に入りました。中盤戦のマスコミ各社世論調査では、自民・公明の与党が堅調で、これに維新など改憲勢力も加え、引き続き改憲発議に必要な3分の2を獲得できる可能性が強いと伝えています。 日本を再び戦争する国に変える9条改憲を許さないためには、この情勢を劇的に変えなければなりません。すべての1人区で成立した野党統一候補が、…
コメント:0

続きを読むread more

立候補表明が遅れ出遅れた市議選、「斎藤もとお事務所開き」に多くの方が集まってくださり激励をいただく

 7月28日、会津若松市議選が告示されます。立候補表明が遅れましたが、私も5期目を目指すことになりました。かなりの出遅れではありますが、全力で頑張りたいと思います。 選挙の告示を2週間後に控え、7月13日、「斎藤もとお事務所開き」を行いました。4年前の事務所開きには15名ほどの参加でしたので、今回は何とか20名ぐらいの方に参加してもらえ…
コメント:0

続きを読むread more

参院選いよいよ後半戦へ、共産党比例代表選挙カーが湊地区でも遊説

 7月12日、共産党の比例代表選挙カーが会津に入り各地で政策を訴えました。 私は、午後3時から先導を引き継ぎ市内七日町から湊町、そして翌日の遊説地である須賀川の担当者に先導を引き渡すところまで担当しました。 比例カーの弁士は野口徹郎党県書記長で、選挙区での野党統一候補水野さち子さんの勝利と、憲法改悪・原発再稼働・消費税増税などに邁進する…
コメント:0

続きを読むread more

頻繁するイノシシ被害対応のため市農林課職員などとともに現地確認

 7月11日、集落区長の大竹洋一さんから急遽連絡を受け、集落内農地で頻発しているイノシシ被害に対応するため、くくりワナを設置するための現地確認に立ち合いました。区長のほか、被害農地の所有者で私の叔父の大越魁さん、集落役員の代理で大腰久隆さん、鳥獣捕獲協力員(正式呼称ではありません)の鈴木正司さん、農林課職員2名で現地を確認しました。 区…
コメント:0

続きを読むread more

歴史的参院選が公示、新しい政治切り開くチャンス

 7月4日、参院選が公示された。6年以上政権に居座りやりたい放題の安倍政権を終わらせるチャンスだ。 公的年金の仕組みのあり方は、今回の選挙の大争点だ。安倍政権は、マクロ経済スライドで基礎年金(国民年金)が7兆円削減ことを認めたが、ひどい話だ。今でも月6万5千円にしかならない年金が4万5千円にまで減ってしまうということだ。ものわかりのいい…
コメント:0

続きを読むread more

市議会産業経済委員会が大戸地区南原果樹団地の雹害を現地調査

 6月24日、市議会産業経済委員会が大戸地区南原果樹団地6月5日に発生したりんごの雹害について調査しました。  市農政課とJA担当者が立ち合い、果樹団地の加藤会長から被害状況をお聞きし園内を歩きました。  被害は、市によれば約82%ということですが、生産者にとっては100%の被害との思いのようです。  いずれにしても、市の推計では…
コメント:0

続きを読むread more

湊まちづくりネットが環境大臣賞の祝賀会

 6月29日、午後5時から湊町のキッチンかつらで、みんなと湊まちづくりネットワークのEST交通環境大賞(環境大臣賞)受賞祝賀会が行われました。  EST交通環境大賞は、環境的に持続可能な交通(Environmentally Sustainable Transport)の普及を目指し、国や交通団体の関係者らでつくるEST普及推進委員会と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱気に溢れた会津若松での野党合同街頭演説会、野党統一の水野さち子候補に大きな声援

 6月28日、夕方5時30分から会津若松神明通りで福島県市民連合・主権者の会会津の呼び掛けによる野党合同街頭演説会が、約250人の聴衆が参加するもとで開かれました。  県市民連合、主権者の会会津、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社会民主党の代表が、今度の参院選の意義を訴え、安倍政権を退陣に追い込むために力を合わせようと呼び掛けまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今期最後の市議会閉会、情報格差解消のための超高速ブロードバンド環境整備の補正予算などに賛成

 6月28日、任期中最後となる定例会6月市議会が閉会しました。  採決に付された諸案件のうち、令和元年度会津若松市一般会計補正予算には、市内湊地区、大戸地区などへの光回線敷設による超高速ブロードバンド環境の整備をするための市の補助金約1億1,660万円が計上されました。国1/3、市2/3の補助で行われる事業ですので、総事業費は約1億8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西会津町で議席回復、新人候補に交代した磐梯町では現有1議席守る

 6月23日に投開票された西会津町と磐梯町の議員選挙で、日本共産党の候補がそれぞれ当選しました。  西会津町では、4年前にわずか15票差で苦杯をなめた小林雅弘さんが、前回票を74票上回る279票を獲得し、定数12の中8位で当選しました。前回との違いは、小林さんの地元上野尻地区の大きな支援と、町議会に共産党の議員がないと緊張感がない、筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市の予算規模では足りない鳥獣被害対策にもっと国の財源制度活用を

 6月18日の私の一般質問、4つ目のテーマは「鳥獣被害対策について」です。  今年度の会津若松市の鳥獣被害対策費は約981万円ですが、この予算では不十分と言わざるを得ません。  昨年6月議会での私の一般質問での提起を受け、市は今年度、集落環境診断による電気柵設置のモデル事業を湊地区3集落で実施しています。そのこと自体はいいのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more