演劇がまだまだ進化出来ることを見せた舞台「エブリ・ブリリアント・シング」

 1月25日から2月5日まで東京芸術劇場シアターイーストで佐藤隆太の一人芝居「エブリ・ブリリアント・シング」が上演され、観る機会がありました。翻訳・演出は谷賢一です。  内容もよく分からずに“一人芝居”…に惹かれて観ようと思った舞台でしたが、自分にとっては衝撃的な大収穫の舞台で、この舞台に出会えたことを心から幸せだと思いました。演劇に…
コメント:0

続きを読むread more

2020.2.5会津若松市でも「新型コロナウイルス感染症対策本部」設置

 2月6日、東京日野市での財政分析セミナーから帰宅すると、会津若松市健康福祉部長名で、「会津若松市新型コロナウイルス感染症対策本部」の設置について、とのファックスが入っていました。「国内においても感染が複数確認されていることから、本市においても、情報収集・共有及び今後の状況に応じた速やかな対応を図るため、令和2年2月5日付けで市長を本部…
コメント:0

続きを読むread more

多摩自治体問題研究所主催「合併自治体検証・財政分析講座」で地方交付税算定台帳を基にした財政分析などを学ぶ

 2月5日、6日の2日間、多摩自治体問題研究所主催の「合併自治体検証・財政分析講座」を受講しました。講師は同研究所理事の大和田一紘先生です。  受講生は私を含め8名の予定でしたが、津市との議員が議会日程が入ったということで欠席となり、また加須市の議員は都合で初日のみの参加となり、2日間受講したのは5名という少人数でしたので、分析表への…
コメント:0

続きを読むread more

2020年、会津若松市「日本共産党新春のつどい」が楽しく、意気高く開かれる

 2月2日、日本共産党会津若松市委員会の主催による「2020年新春のつどい」が開かれました。  昨年も少ない雪に驚きましたが、今年はそれ以上の雪のなさで、開会前、会場に来るには良かったがこの先どうなるんだろうと、多くの方がそれぞれの立場から心配していたことが印象的でした。  さて、今年の「つどい」には、次期総選挙比例区東北ブロック予…
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市が男女共同参画都市宣言20周年記念事業を開催

 2月1日、会津若松市男女共同参画都市宣言20周年記念事業が會津稽古堂で行われました。約150人ほどが参加し、県内最初の都市宣言を行った2000年2月27日から20年となる節目の年を祝いました。  私が議員になって一期目の2016年に、会津若松市議会は議員提案で男女共同参画条例も成立させました。男女平等は少しずつ進んでいるとは思います…
コメント:0

続きを読むread more

2019年度補正予算案に賛成の増子輝彦参院議員、野党共闘で安倍政権を退陣に追い込んでもらいたい思いで応援した有権者…

 1月30日の参院本会議で増子輝彦参院議員が、政府の2019 年度補正予算に賛成しました。 昨年の台風19号の復興予算があるからという理由のようですが、4年前の参院選で野党共闘候補の増子氏を応援した有権者の思いを踏みにじるもので、今後の国政選挙での野党共闘に対する有権者の不信を招きかねないものです。  予算案に対する野党の態度は、…
コメント:0

続きを読むread more

橋本武さんの著書「猪苗代湖畔の民話~湖周辺のいろりばなし」から湊地域が舞台の話を探し再話

 昭和40年代に郡山市湖南町の民俗研究者橋本武さんが、「猪苗代湖畔の民話~湖周辺のいろりばなし」を著しました。どういう経過で求めたのか覚えていませんが、私も持っています。Amazonで検索しても古本で1件しか出てきませんので、貴重な本だなと思います。  2年前、この本で紹介されていた話で「道を塞ぐ妖怪」という湖南町に伝わる話を再話し、…
コメント:0

続きを読むread more

2020年会津若松市議会2月定例会一般質問の事前通告は21人

 1月29日は、会津若松市議会2月定例会の事前通告の締切日で、締切時間の正午までに21人が通告したようです。  私も2件を通告しました。  1件目は「雪不足に係る対応について」で、雪国における雪不足は自然災害であるとの認識が広がっている中、市が独自に行うべき対応についての認識を質したいと思っています。  2件目は「小中学校敷地にお…
コメント:0

続きを読むread more

唐十郎「少女仮面」をシアタートラムで観る

 1月26日、東京観劇同級会の2日目、唐十郎作、杉原邦生演出・美術「少女仮面」をシアタートラムで観ました。2年前に観た「秘密の花園」以来の久しぶりの唐作品ですが、見終わった直後は正直言ってどこがドラマチックなのか、よく理解できませんでした。  演出の杉原邦生さんは、公演パンフレットに掲載のインタビューで「『存在』と『非存在』の話」、「…
コメント:0

続きを読むread more

オフィス・RENプロデュースの正統派演劇「かげぜん」に感動

 1月25日、26日の1泊2日の日程で、農業短大園芸科有志の東京観劇同級会を行っています。有志といっても私を含め4名ではありますが…。  さて、初日の1月25日は、紀伊國屋ホールでオフィス・REN製作、増澤ノゾム作、林海象演出「かげぜん」を観ました。私自身も、他の3人も知っている出演者は、斎藤とも子さんだけでしたが、いずれも実力の…
コメント:0

続きを読むread more

父が収集した地域の昔話、言い伝えを二人の子息が取りまとめた興味深い書籍「大戸の昔ばなし」を読む

 2019年11月、歴史春秋社から出版された「大戸の昔ばなし」を読んでいます。元教員であった故小林兵郎氏が大戸町の古老を訪ね歩き、聞き書きした昔話や言い伝えなどを、ご子息の小林哲郎氏と吉野秀郎氏のご兄弟が遺品整理の中で発見され、本にしたものです。  大戸の地理に詳しくはありませんが、地域をくまなく歩かれたあとが感じられ大変貴重だと思い…
コメント:0

続きを読むread more

2020.1月会津若松市議会総務委員会が千葉・習志野市で公共施設マネジメントの取り組みを行政調査

 1月22日、市議会総務委員会の行政調査2日目は、千葉県習志野市で前日の国立市に続き公共施設マネジメントの取り組みについて行政調査を行いました。  習志野市は、国が公共施設等総合管理計画策定を地方に要請する以前から、これが将来の大きな課題になるとして、検討を進めていたことが、会津若松市などとは異なります。  習志野市においても、“総…
コメント:0

続きを読むread more

2020.1月会津若松市議会総務委員会が東京・国立市における公共施設マネジメントについて行政調査

 1月21日、市議会総務委員会は東京・国立市を訪問し、同市における公共施設マネジメントの取り組みについて行政調査を行いました。  公共施設マネジメントは、国が地方自治体に対して公共施設等総合管理計画の策定を要請して行われているものですが、要請というのは実質義務付けで、国は地方に次のようなことを求めています。  ①所有する公共施設の現…
コメント:0

続きを読むread more

グリホサート除草剤が世界で規制・禁止の流れの中、“安全”を言う販売元や日本政府

 グリホサート除草剤=ラウンドアップは、私も含め農家は元より一般家庭でもよく使われてきました。現在も重宝され頻繁に使われています。  しかし、かなり以前から世界では使用規制や禁止の流れが始まっていました。そのことを私が知ったのは、農民連の会報「農民」の記事によってです。  使用規制や禁止の理由は、発ガン性があることや生殖系への異常を…
コメント:0

続きを読むread more

2020年会津地方労連の旗開き行われる~労働環境の厳しさ、消費税増税の影響、教職員の変形労働制に反対する戦いなども…

 1月18日、会津地方労連の2020年旗開きを兼ねた新年会が行われ、共産党会津地区委員会を代表して参加しました。昨年までは、会場を市内迎賓館で行っていましたが、今年は割烹亭車場に移しての開催でした。  主催者挨拶で佐藤哲夫議長は、今年が9条改憲を阻止する重要な年になることや、各労働現場での闘いにおいて労働者の権利を勝ち取るために頑張る…
コメント:0

続きを読むread more

要支援と要介護は紙一重、父の介護認定区分の変更を申請し要支援1から一気に要介護4に

 1月9日、市高齢福祉課から父の介護認定が要介護4に判定されたとの通知がきました。  実は、昨年12月1日に夜7時半頃帰宅してみると、家の灯りが点いておらず、中に入ると、父がトイレへ行く通路で倒れていました。聞くと、昼頃トイレへ行こうとして転び、立ち上がれずそのままいたとのこと。  この週は12月市議会が始まるなど、対応に苦労しまし…
コメント:0

続きを読むread more

井上奈奈さんの絵本「せかいねこのひ」を使い、湊小学校図書委員の児童に読み聞かせのアドバイス

 1月15日、湊小学校の図書委員の皆さんに、読み聞かせについてのアドバイスを行いました。湊小学校が湊公民館と連携して行っている読み聞かせ事業の一環です。私自身、昨年の2月以来3度目の読み聞かせ指導です。  指導では、まず朗読をするときの姿勢や、ことばの強調の仕方にはどんなものがあるか、“間”とは何か、接続詞(つなぎことば)の表現を大事…
コメント:0

続きを読むread more

2020上馬渡夢農場の収穫祭で今年も美味しい十割蕎麦に舌鼓!

 1月13日、特定農業法人㈱上馬渡夢農場の収穫祭が上馬渡集会所で行われました。参加費300円で蕎麦打ち達人達の自慢の十割蕎麦と天ぷらや漬物など、地元ならではのご馳走が食べ放題で、恒例のイベントに参加者一同大満足でした。  会津若松の中でも集落営農組織が数多く活動しているのが湊地区です。その中でも上馬渡夢農場は、ゆうパックによる「会津粗…
コメント:0

続きを読むread more

2020上馬渡部落の歳の神、今年から旧来の定まった日を替え休日に実施

 1月13日、午前8時から上馬渡町内会役員、消防団員が集まり、歳の神の準備を行いました。  歳の神は、毎年1月15日の小正月に行うのが、旧来からのやり方なのですが、今日の暮らしや各人の仕事の実態に合わせて、休日に行うことにしました。  消防団の皆さんは、古峯神社のお札納めと歳の神飾りの芯柱にする木と、餅やスルメを焙り焼くための小木の…
コメント:0

続きを読むread more

かつて経験のない雪のない会津の冬、華やかに2020年会津若松市成人式行われる

 1月12日、会津若松市成人式が會津風雅堂で行われました。  私自身かつて経験のないほどの雪のない会津の冬で、晴れ着を着た成人の皆さんも天気を心配することなく式に臨めたようです。  式が始まってしばらくの間は、近年になく騒々しい新成人だなと思っていたのですが、市のあいづっこ宣言に関わるドキュメンタリー映画を撮った板屋宏幸監督や中学時…
コメント:0

続きを読むread more