岩渕友参院議員も参加し共産党「新春のつどい」開催

画像1月28日、日本共産党会津若松市委員会「2017年新春のつどい」が80名以上の参加者で開催されました。
つどいには昨年7月の参院選の比例代表で見事当選した岩渕友参院議員も参加し、大きな拍手に包まれました。
岩渕議員は、昨年の臨時国会の状況を中心に報告し、自衛隊の南スーダン派遣と駆け付け警護など新任務の付与、TPPや年金カット法、カジノ推進法など安倍政権のやりたい放題に対して野党が連携して対抗したことなど、国会における野党共闘の様子を報告しました。また、原発事故被災地福島の声を届ける自らの4回の国会質問の様子も報告しました。岩渕さんを国会に送り出せて本当に良かったと、報告を聞きながら改めて思いました。
昨年の参院選で始まった野党と市民の共闘を発展させ、来るべき総選挙で自民・公明・維新の3分の2体制を打ち破り、安倍政権を退陣させようとの思いに溢れたつどいでした。

この日は、党の新春のつどいの後に会津地方労連の新春旗びらき、また夜は、会津若松市交通安全協会湊支部の新年会にも参加しました。

"岩渕友参院議員も参加し共産党「新春のつどい」開催" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント