農業委員会が作柄調査と農地パトロールを実施

画像9月5日、農業委員会の作柄調査と農地パトロールが行われました。
河東地区の太陽光パネル設置水田のイネの生育状況、一般法人による農業参入の現状、また湊地区における転作田でのカンゾウ栽培の現状などを視察しました。
イネの作柄については、県の農業改良センター職員から、今年の気象状況の経過と生育状況の推移から平年作だろうとの見通しを聞きました。
太陽光発電による売電収入と稲作の融合、また一般法人による野菜ブランド化の取り組み、ミニトマトの施設栽培を研修しているI(アイ)ターン青年の新規就農に向けた取り組みなど、会津のこれからの農業をどのように振興させるか、それぞれの意欲的な姿勢に刺激を受けました。
農業を取り巻く環境はますます厳しくなっています。「これをやれば上手く行く」という方法はありませんが、この日視察したような進取の精神をもった人たちの存在が、農業の振興に欠かせないだろうと思います。

【訃報・弔意】大竹孝子さん(湊町西田面、79歳、大竹義治さんの妻、8月30日逝去、9月3日告別式)
【訃報・弔意】荒川ミイさん(湊町西田面、92歳、小中学校の同級生荒川茂君の母、8月31日逝去、9月4日告別式)

"農業委員会が作柄調査と農地パトロールを実施" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント