2021.1.10 上馬渡集落が歳の神でコロナ退散、集落の無事故・無火災、健康に1年を過ごせることを祈念

KIMG1334.JPG 1月10日、上馬渡集落の歳の神が行われました。
 朝8時30分から消防団は古峰神社のお札を村内4ヵ所に納め、歳の神の芯柱の木の切り出しなどを行い、同時刻に私たち部落役員は歳の神を作る藁や豆殻、バタ材などを会場の田んぼまで運搬し準備を行いました。
 10時40分頃に芯柱が会場に届いてからは、全員で歳の神を作りあげ、昼前に作業は終えることができました。
KIMG1340.JPG そして、午後6時、部落の皆さんとともに、今年の恵方の方角に向かい、コロナの1日も早く収束、村内の無事故・無火災、村民の健勝を願い、区長の私に合わせてもらってお詣りし、歳の神に点火をしました。
 ぜひ、願いどおりの1年になってほしいものです。
 因みに、歳の神の行事は、本来は小正月の1月15日に行うものですが、わが上馬渡集落では、現役労働者で編成されている消防団に配慮して、ここ数年来、カレンダーの休みの日に行っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント