人的被害はなかったものの会津若松でも台風19号被害、上馬渡でも道路冠水に集落役員が対処

KIMG0467.JPG 10月13日、台風19号から一夜明け、テレビが各地の被害の大きさを伝えていました。
 朝方2時半ぐらいに目が覚めた時、雨風は収まっていましたので、台風は結構速度を上げて過ぎたようです。
 会津若松市議会事務局から、市内の被害状況や市の対応などをまとめた文書をファックスで受け取って分かったことですが、人的被害こそなかったものの、会津若松市内でも屋根が剥かれたり、冠水や浸水、倒木、土砂災害、停電などがあちこちで発生していました。
 私の住む上馬渡集落でも、湊中学校の北側にある農業用水路が、村中を通る市道の下に敷設されたヒューム管のところで塞がり、市道が冠水しました。何とかして、詰まっているヒューム管の泥を取り除かなければと、集落町内会役員8人が朝8時から作業をしました。
 当初は、皆とても人力ではどうにもならないと思い、消防ポンプの水圧で押し出すしかないと、村の消防団に要請しようとしたのですが、何とかうまい具合に泥が一気に流れ出ました。
 とりあえず冠水問題は解決しましたが、今の時点では気がつかないだけで、他にも手を打たなければならない問題が見つからないとは限りません。集落内を改めて見回らなければと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント