9月定例会の決算審査に向けて論点抽出のための予算決算委員会分科会の打合せ始まる

 8月30日、予算決算委員会第1分科会がありました。会議の目的は、9月12日から始まる市議会9月定例会での30年度決算審査に向けて論点抽出を行うための打合せです。  第1分科会は、企画政策部、財務部、総務部の所管する事務事業のほか、議会事務局、監査委員会、選挙管理委員会に係る決算も審査します。  論点抽出は、議会側が課題認識を共有し…
コメント:0

続きを読むread more

各派代表者会議で広域圏整備組合議会議員など、議会選出議員・委員の報告の場設定を求める

 8月28日、改選後初の議会8月臨時会の継続本会議が行われ、会津若松地方広域市町村圏整備組合議会議員の選出、議会選出監査委員の選出が行われました。  本会議に先立ち各派代表者会議が開かれ、この日の本会議に上程される案件や、都市計画審議会委員など議会選出委員についての調整が行われました。  私は、各派代表会議にオブザーバーとして出席し…
コメント:0

続きを読むread more

2019年議員改選後の議会構成を決めるための会津若松市議会臨時会が2日間の会期で開催される

 8月27日、改選後の議会構成を決めるための会津若松市議会臨時会が開会しました。会期は28日までの2日間です。  27日は、最年長の戸川稔朗議員を仮議長に、まず議長選挙が行われました。その結果、議長選に立候補し所信表明演説を行った清川雅史議員が24票を得て当選しました。なお、議長選では戸川稔朗議員に1票が投じられたほか無効票が3票あり…
コメント:0

続きを読むread more

河東町内外から大勢が集まり「皆鶴姫まつり」盛大に開かれる

 8月24日、河東町の広田西公園を会場に恒例の「皆鶴姫まつり」が賑やかに開かれました。  このまつりは、今からおよそ830年前、平清盛に追われ奥州に向かった源義経を追って京からやって来た藤原成道の娘皆鶴姫が、河東藤倉で病に倒れ、やつれたわが身を嘆き、このような姿を義経に見せるわけにはいかないと、難波池に身を投げ亡くなったという悲劇の伝…
コメント:0

続きを読むread more

「第13回全会津民話祭り」に向けた最終の実行委員会行われる

 8月23日、「第13回全会津民話祭り」に向けての最終となる実行委員会が行われました。  今年の民話祭りでは私がトップバッターで、「狐の大田原会議」を語ります。  民話祭りは、9月15日午後1時30分開会、途中休憩を挟み私を含め全会津語りの会加盟団体から17名が語り、最後に会顧問の五十嵐七重さんが昔話2題を語り、午後4時に閉会する予…
コメント:0

続きを読むread more

社会福祉法人施設の猪苗代ホームで高齢者の皆さんに民話を聴いてもらう

 8月22日、語り部サークル「七つの子」のメンバーの涌井スミエさん、吉田小萩さんと共に、社会福祉法人が運営する猪苗代ホームに伺い、昔話を語ってきました。  私自身は今回が3度目の訪問です。これまでは、施設利用者に1ヵ所に集まってもらい片っ端のですが、今回は施設の担当者の新たな試みで、5ヵ所のフロアを順に語って歩くというものでした。これ…
コメント:0

続きを読むread more

日本大学笹田准教授が天然記念物“赤井谷地沼野植物群”の保存のための課題について講演

 8月21日、湊公民館において「天然記念物“赤井谷地沼野植物群”の現状と課題」に関するセミナーがありました。講師は、日本大学生物資源科学部生物環境工学科の笹田勝寛准教授です。湊地区住民を中心に40名近くの方が熱心にお話を聞きました。  笹田先生は、赤井谷地の成り立ちのそもそもから話され、赤井谷地の保存のためのこれまでの調査や取り組みの…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに湊しらとり保育園で昔語りを行う

 8月21日、湊しらとり保育園で昔話を語ってきました。しらとり保育園での語りは、湊かたりべ会が行っている月一回の活動で、私が久しぶりの語り当番にあたり、3つの話を聴いてもらいました。  幼稚園・保育園で語る時は、子どもたちを話に集中させられるだろうかと、いつも緊張します。  今回は、干支の順番決めにまつわる「ネコとネズミ」、面白い屁…
コメント:0

続きを読むread more

不戦の誓いを新たにした74回目の終戦の日

 8月15日、74回目の終戦の日にあたり、私は、先の市議選で共に再選を果たした原田俊広議員、また、古川芳憲党会津地区県政対策委員長と共に、市内3ヵ所の街頭から訴えました。  安倍政権の発足以来、先の大戦の痛苦の反省を忘れたかのような雰囲気が広がっていることを感じます。私自身も戦後生まれですが、歴史の事実に真っ直ぐ向き合い、そこから学ぶ…
コメント:0

続きを読むread more

墓料さくら会に招かれ民話・昔話を聴いてもらう

 8月10日、市内墓料の高齢者ふれあいサロンである“さくら会”に招かれ、墓料公民館で民話・昔話を語ってきました。7月の始めの頃だったでしょうか、第5地域包括支援センターから依頼されていたものです。 久しぶりの昔語りで、また、市議選の街頭演説で潰した喉の回復が完全ではなかったこともあって、自分的には50点ぐらいの出来だったなと反省ですが、…
コメント:0

続きを読むread more

市議選後、初の街頭宣伝で改めて4年間の決意を述べる

 8月6日、原田俊広市議とともに4日の市議選後初めての街頭宣伝を行いました。西若松駅前、滝沢、神明通りの3ヵ所から選挙戦で掲げた政策を訴え、その実現に取り組む決意を述べたところです。 また、午後3時からは市議会議場で、選挙管理委員会から当選証書の付与を受けました。 4年間、公約実現に向けて頑張ります。
コメント:0

続きを読むread more

2019会津若松市議選、1330票23位で当選

 8月4日投開票の会津若松市議選で、1330票をいただき23位で5期目の当選をさせていただきました。ご支援の皆様、スタッフの皆様のお陰です。 この選挙で、私は次のことを街頭207ヵ所から訴えました。 ①2014年の医療・介護一括法成立を根拠に社会保障費を連続削減している安倍政権は、マスコミや識者などを動員し、自助・共助・公助論、自己責任…
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市議選いよいよ最終日、「斎藤もとお」あと一歩です!

 会津若松市議選も8月3日の最終日を残すのみとなりました。 8月2日は、市内東山院内を皮切りに32ヵ所の街頭から政策を訴えました。神指の如来堂では冷たい缶コーヒーの差し入れをいただき感激しました。 また、飯盛団地では、県立病院跡地を8億3千万円で市が購入し、子育て支援施設を核とした複合施設建設の計画について、県の病院経営の赤字補填の肩代…
コメント:0

続きを読むread more

市議選5日目、子育て支援策の訴えに共感寄せられる

 8月1日、市議選も5日目、終盤に入りました。 この日も湊町小坂での街頭からの訴えを皮切りに、市内32ヵ所から訴えました。 訴えの中で、子育て支援策として2つのことを話していますが、どこでも共感を寄せられています。 訴えの1つは、「国民健康保険の子どもの均等割負担は子育て支援、少子化対策と真逆のものであり、南相馬市のように直ちになくすべ…
コメント:0

続きを読むread more

街頭演説を中心とした候補者活動、コンパクトに話せたところで聴衆の好反応

 7月31日、湊町原での街頭演説から始まり、この日は27ヵ所の街頭から政策を訴えました。 どの場所でも基本的には同じ内容を話しているのですが、話が長くなってしまうことがあります。話しながら、自分でも長くなっていることを感じているのですが、如何ともし難いものです。 総じて、演説が長くなった場所での反応は良くありません。しかし、コンパクトに…
コメント:0

続きを読むread more