墓料さくら会に招かれ民話・昔話を聴いてもらう

 8月10日、市内墓料の高齢者ふれあいサロンである“さくら会”に招かれ、墓料公民館で民話・昔話を語ってきました。7月の始めの頃だったでしょうか、第5地域包括支援センターから依頼されていたものです。
 久しぶりの昔語りで、また、市議選の街頭演説で潰した喉の回復が完全ではなかったこともあって、自分的には50点ぐらいの出来だったなと反省ですが、参加された方々からは面白かったと言ってもらえ、ほっとしました。
 ちなみに、この日披露した話は、「仁王寺のふき味噌」など別当尊貞法印様にまつわる4つの話、「溶かし草(とろかしぐさ)」、「古家のむる」、「狐の大田原会議」、「夜泣き石」、「牡丹餅は金仏様」、「道を塞ぐ妖怪」、「イモころがし」の8つでした。「狐の大田原会議」は、9月15日に開催される「全会津民話祭り」でも語ることにしていますので、この日の語りで足りなかったことをよぉ~く思いだし、仕上げたいと思います。

この記事へのコメント