歴史的参院選終わる、与党が改選過半数で勝利するも改憲発議の2/3には届かず

 7月21日投開票で行われた参院選の結果を、皆さんはどんなふうにご覧になったでしょうか。
 野党統一の水野さち子さんの勝利のために私も頑張りましたが、残念ながら次点ということになりました。相手の森まさ子氏に10万票を超える差をつけられましたが、会津17市町村の合計で水野さんの得票が上回ったことは、水野さんの勝利を願った多くの人の奮闘の結果だと思います。
 安倍政権の暴走をストップさせるためには、今後の選挙においても野党共闘をいっそう進める必要があります。

 共産党は比例区で4議席、選挙区で3議席の7議席を獲得しましたが、改選数から1議席減となりました。これも残念ではありますが、3年前の参院選と比較すれば1議席増、17年総選挙時の比例得票率を僅かながら上回ったことは、成果と受け止めたいと思います。

 今回の参院選の最大の成果は、衆参で2/3を占めていた自民・公明、維新などの改憲勢力を参議院では2/3に届かせなかったことだと思います。安倍政権の下での改憲は少なくとも認められないという有権者の意思が表れた結果だと思います。このことは何より評価したいと思います。

 参議院が終わり、7月28日には会津若松市議選が告示されます。私も5期目を目指し立候補します。
 諸般の事情でかなり出遅れていますが、地方自治体の本来の役目である住民福祉の増進を第一議的課題と位置づけ、そのために最大限の努力をする会津若松市政を実現させるために頑張ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント