熱気に溢れた会津若松での野党合同街頭演説会、野党統一の水野さち子候補に大きな声援

 6月28日、夕方5時30分から会津若松神明通りで福島県市民連合・主権者の会会津の呼び掛けによる野党合同街頭演説会が、約250人の聴衆が参加するもとで開かれました。
 県市民連合、主権者の会会津、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社会民主党の代表が、今度の参院選の意義を訴え、安倍政権を退陣に追い込むために力を合わせようと呼び掛けました。日本共産党からは、岩渕友参院議員が代表して訴えました。
 最後に水野さち子野党統一福島選挙区予定候補が、子育て環境の問題、景気と消費税増税の問題、風評被害と原発廃炉の問題などで安倍政権を鋭く批判し、野党の勝利で希望ある社会をつくろうと力強く訴えました。
 みんなの力を結集して、水野さち子さんを必ず国会に押し上げましょう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック