有意義だった「全国商工会議所観光振興大会in会津若松」のパネルディスカッションへの参加

画像
 11月5日、會津風雅堂で日本商工会議所・会津若松商工会議所の主催、福島県商工会議所連合会の共催による全国商工会議所観光振興大会の全体会議が開かれました。全国の商工会議所から約1300人が会津に来られ、7日までの3日間の日程で観光振興について交流するイベントです。
 現在、人口減少社会の中で交流人口拡大を図り、地域経済の活性化を図る方策の一つとしてインバウンド観光の推進を政策研究をしている会津若松市議会産業経済委員会としても、今回の観光振興大会は参考になると考え傍聴させてもらいました。
 昨年2月に市議会産業経済委員会のセミナーでインバウンド観光について講演していただいた東洋大学の矢ヶ崎紀子先生もパネリストとしておいでになり、大会のテーマである「観光地から感動地へ」に沿って発言され、リピーターとはどのような人であるのか、観光素材は地域にあるものの価値、良さを地域の人が認識することなどの大切さを話されました。大変勉強になりました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック