西日本豪雨災害の一方、会津では水不足の心配も

 西日本豪雨災害では数多くの犠牲者と住宅、インフラへの大きな被害が出て、日本共産党会津地区委員会でも被災地支援の募金活動に取り組んでいます。
 この豪雨災害もそうですし、その後の全国的な猛暑日の連続も、地球温暖化による異常気象なのかも知れません。

画像 そのような中で、1週間ほど前に明けたとみられる東北南部の今年の梅雨も、あまり雨が降りませんでした。そこへ連日の熱さです。各地で水不足の心配がされています。





画像
 私の湊地区でも、土地改良区が、農業用ダムである吉ヶ平ダムの貯水率が32.7%まで下がったとして、7月23日から適正な貯水量が確保されるまでの間、毎週月・木の2日間ダム用水を停止することと、節電対策として実施していた猪苗代湖からの揚水停止を中止し、揚水を継続すること、また、各地区のため池の放流量の増量を要請する旨の回覧文書を回しています。
 お天気のコントロールは、まさにできないこと。人の手の及ぶところで工夫するしかありません。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック