湊小学校「読み聞かせタイム」で湊町に伝わる昔話などを語り聴かせる

画像 5月25日、湊小学校の「読み聞かせタイム」の当番で、会津に伝わる昔話を3年生の児童の皆さんに聞いてもらいました。今回は、なるべく分かりやすい話をと思い、会津美里町の白岩洋子さんの語り「狐と山伏」と、もう故人ではありますが、明治26年生まれの湊町の中島健さんの「牡丹餅は金仏様」の2つを語りました。白岩さんとは、現在全会津語りの会でたびたびご一緒していますが、「狐と~」は、私が全会津語りの会に関わる以前に、会津若松市政100周年を記念して出版された会津若松市史「会津の民話と伝説」に掲載されているものを再話させてもらったものです。また、「牡丹餅~」は語り部サークル「七つの子」の今月例会の再話の課題として、五十嵐七重先生が石川純一郎先生による採話集「会津百話」から提供されたものを私が再話したものです。聴いてくれた子どもたちの反応もよく、とても語りやすかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック