斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方市、一時的措置の可能性あるも、市レベルでの給食費半額補助の方針示す

<<   作成日時 : 2018/04/24 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 4月23日、遠藤喜多方市長が、議員全員協議会で、4月26日からの臨時会補正予算で、30年度31年度の2カ年、試行的に小中学校給食費の半額補助を実施する方針を示しました。補助総額は約8500万円とのことです。県内各自治体で、学校給食費の無料化や一部補助の実施が少しずつ増えていますが、すべて町村レベルです。市レベルでは、私の認識では喜多方市が初めてだと思います。1月の市長選挙での公約があったからでしょうが、よくぞ決断したと思います。
 報道によれば、補助を継続するかどうかは、効果を検証して判断するとのこと。補助財源を恒常的に確保する難しさはあるでしょうが、検証するまでもなく一人およそ年間5万円もの負担に対する給食費補助は、間違いなく子育て世帯の大きな負担軽減になります。ぜひ、恒久政策として実施してほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方市、一時的措置の可能性あるも、市レベルでの給食費半額補助の方針示す 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる