文科省の授業内容調査に見る“忖度”ばかりの官僚機構

画像 3月15日、愛知県の公立中学校が、総合的学習として前川喜平前文部科学省事務次官を招き講演会を行ったことに対し、調査を掛けたことが報じられました。戦前戦中と同じ感覚がまかり通っているとしか思えない大問題です。3月16日にもこの事案が続報され、問題の大きさが浮き彫りになっています。
 森友学園への国有地売却売却をめぐる財務省の文書改ざん問題にしろ、今回の文科省による授業内容調査にしろ、政権中枢に対する官僚機構の呆れるばかりの“忖度”横行に腹が立ちます。国を支える官僚としての矜持はないのかと言いたいです! これも“戦後レジウムからの脱却”を標榜する“アベ政治”の副産物のように思えてなりません。(写真は3月16日「NHKニュース9」から)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック