今日における地方議会の役割、地方議員の活動のあり方について学習交流

画像11月20日、福島県内の共産党地方議員の学習交流会議が、中央自治体局の山口正孝地方議員相談室長を講師に招き、猪苗代町で開かれました。昨年は、県議選があったために行われませんでしたので、2年ぶりの開催です。
まず、久保田仁県委員長が、年明けの1月に開かれる第27回党大会決議案の内容について報告し、これから各支部で行われる大会決議案の読み・討議促進の先導的役割を議員のみなさんに担ってほしいと訴えました。

画像その後、山口室長が、「議会と自治体」編集部が編んだ「自治体活動と地方議会」をテキストに、国保都道府県単位化、地方創生など、この間の国政と地方政治に関わる課題や論点について、取組みの実例も紹介しながら講演されました。
12月議会に早速取り入れることのできる視点もありましたの、ぜひ講演の内容を生かせるよう工夫したいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック