盛りだくさんの議会日程で大忙しの一日

画像10月11日、左の写真のような議会関係日程が立て込み、大忙しの一日でした。
8時30分からの広報広聴委員会では、「広報議会」11月1日号の校正や内容の再検討などを行い、9時からの各派代表者会議では佐藤勉議員に対する辞職勧告決議案について各会派の意向が表明されるなどしました。各派代表者会議には、通常オブザーバーとして私が出席しているのですが、この日は広報広聴委員会と重なったため原田俊広議員に出席してもらいました。

その後、9時30分からは、第7次会津若松市総合計画審査特別委員会第一分科会が行われ、財務部と総務部の所管に係る内容について審査が行われました。
第一分科会で私は、財務部に対しては、高齢化や労働人口減少の中で歳入見通しが厳しい中、経常収支比率の改善を、交際費負担比率の改善と一体に行う必要性などを、財政調整基金の活用方法と関連づけながら、今後10年間の財政運営の方針について当局の考えを質しました。
また、総務部に対しては、情報通信分野の施策について、ブロードバンド未整備地区の解消をどのように進めるのか、今後10年間の取組みで予定している市の単独事業である地域イントラネットの再構築と一体的に進める可能性などについて、他の委員とともに当局の見解を質しました。

今後、私の関わる議会日程は、13日に総合計画審査第一分科会の委員間討議と表決、14日には生活保護費の不正受給で逮捕された議員に対する辞職勧告決議を議題とする臨時会があります。
また、11月に行われる議会と市民との意見交換会のための資料準備や、12月1日から始まる定例議会に向けた一般質問の会派間調整なども今月末に行われるなど、タイトな日程の中で準備をすることになります。気合いを入れて頑張ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック