市議会予算決算委員会で25年度一般会計決算認定に反対

画像9月19日、市議会9月定例会予算決算委員会が行われました。
第1から第4の各分科会の審査報告が行われた後、討論が行われ、日本共産党会津若松市議団は、平成25年度会津若松市一般会計歳入歳出決算の認定についてに伊東くに議員が反対の討論に立ちました。討論はありませんでしたが、私たちのほか諸派連合の2名の議員が25年度決算認定に反対しました。

共産党市議団が認定に反対した理由は、①住民基本台帳ネットワークシステムが個人の自己情報コントロール権を侵害し、国が一元的に個人情報を管理するものである上、関連経費が5000万円にも上りながらコンビニ交付など住基カードによる証明書発行が交付件数の数%であるなど、費用対効果が乏しい無駄遣いであること、②北会津地区認定こども園整備のための不動産鑑定を行ったが、住民の意向に反して保育園2園、幼稚園2園を認定こども園1園に統合し、始めから民設民営で開設するためのものであったことの2点です。

24日の最終本会議では、条例案件も含めて再度伊東議員が反対討論を行いますので、詳細は改めて紹介したいと思います。


【弔意】渡部今井さん(湊町経沢、75歳、渡部忍さんの妻、9月15日逝去)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック