映画「万能鑑定士Q」~観客の心つかむスリリングな展開、ドンデン返し

画像テレビで見た宣伝でだったか、トム・ハンクスだかが「日本の『ダ・ヴィンチ・コード』」と言っていたのを聞いて観たいと思っていた映画「万能鑑定士Q~モナ・リザの瞳」を、5月31日、福島市のイオンシネマで観ました。
松岡圭祐原作、宇田学脚本、佐藤信介監督、綾瀬はるか主演、松坂桃李助演で、次はどのように展開するのかと観る側を引き付け、上映時間約2時間を目一杯スリリングな気分にさせてくれる、なかなかにウェルメイドな作品でした。その柱になっているのは、“モナ・リザの瞳に隠された秘密”と“焼かれてしまう本物のモナ・リザ”でのドンデン返しだったと思います。これから観る人のために、これ以上は書かない方がいいでしょうね(^_^;)

画像この作品では、主人公“天才鑑定士”凛田莉子(りんだ・りこ=綾瀬)の秘密、素性を全て明らかにしているわけではないので、もしかしたら映画もシリーズ化されるのかもしれません。というか、シリーズ化を期待したいと思います。

画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック