国民主権踏みにじる解釈改憲による集団的自衛権行使容認

5月15日、安倍首相は安保法制懇の報告を受け、解釈改憲による集団的自衛権行使容認についての記者会見を行いました。
画像

私は、議員研修で出張していたために会見の模様を視聴できませんでしたが、翌日の報道でその内容を見ました。
安倍首相は「限定的行使」「法律による歯止め」などを言い、集団的自衛権行使をいかにも小さく見せようとしているようです。
しかし、集団的自衛権行使は、事実上憲法9条骨抜きにするものであり、これまで国連PKO派遣の自衛隊が曲がりなりにも殺し殺される戦闘行為に参加しなかったものを、今度は戦闘行為に参加させられるということです。解釈改憲による集団的自衛権行使容認は、安倍首相による「改憲クーデター」と言うべきものです。
憲法は国民のものであり、時の内閣や、ましてや安倍首相が独断専行でどうにかしていいものではありません。国民主権を踏みにじり、憲法9条違反である集団的自衛権行使容認を断じて許すわけには行きません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック