あいづ派遣村を実施

画像 今日12月23日、会津若松市役所第2庁舎前の駐車場とプレハブ施設を借りて、「あいづ派遣村」の取り組みが行われました。
 今回の取り組みは、会津地方労連、反貧困ネットワーク、新日本婦人の会、民主商工会、医療生協、生活と健康を守る会、栄町教会、会津大学短期大学下村ゼミ、日本共産党などによる実行委員会によって行われ、今年6月、10月に行ったよりも規模の大きな取り組みになりました。(写真は開村式の様子)

画像 午前11時から午後2時までの相談会に、12人の方が相談にこられました。(写真は相談会場の様子)
 先日、私の12月議会一般質問を掲載したブログに富士通の再配置対象者から遂に自殺者が出た、との書き込みがありましたが、年の瀬を控える中、多くの人が職を失い生活に困窮している実態があります。私も昨日、40代男性の生活保護受給での相談を市に対して行ったところです。
 誰にも相談出来ずに不幸な結果を招くなどということがないよう、派遣村や街頭相談会は行われています。
 私たちの情報発信ももっと大きくして、一人でも多くの人の相談を受けられるようにしなければと思います。

 なお、今回の派遣村設置に関しては、会津若松市が特段の配慮で快く会場を貸してくれたことに対して感謝したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック