会津能楽堂で薪能を鑑賞

画像 昨夜は、会津能楽堂に会津能楽会による薪能を観に行ってきました。

 夕方も暗くなった5時30分から舞台は始まり、客席は野外なのですが、お天気も良く大勢の観客が集まりました。
 私は少し遅れて会場に到着し、番組の最初に演じられた4曲の仕舞(難波、天鼓、鶴亀、網之段)のうち、鶴亀の終わりあたりから、何とか会場内で立見で観ることができました。

 仕舞が終わると火入之儀が行なわれ、星憲隆市教育長が火入式を行ないました。

画像 その後メインのプログラムである「八島」が半能形式で演じられました。

 後段の後シテの義経の激しい所作で、腰の太刀が抜け落ちるという思わぬハプニングもありましたが、共演者がそれをさりげなく処理をし、舞台の興が削がれるということはありませんでした。

 本格的な能舞台での能を鑑賞したのは初めてでしたが、厳かで重厚な舞台を興味深く観させてもらいました。

 「八島」のあらすじについては、下記のWikipediaのページをご覧ください。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B3%B6_(%E8%83%BD)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック