宮本しづえ衆院比例候補と街頭から訴え

 昨日は、湊町白鳥まつりに参加したあと、夕方からは宮本しづえ衆院予定候補とともに街頭宣伝を行いました。

 今、格差社会と言われますが、青年層の半数が非正規雇用に置かれているなど、問題は単なるj格差ではなく貧困を伴った格差の拡がりだということです。
 そして、一方で大企業は、史上空前の利益をあげているという矛盾!
 税制も含め、大企業の儲け主義に民主的な規制を掛けなければならない、と訴える宮本さんに、若い人たちからの手振りの声援がけっこうあったのが印象的でした。

 また、農薬入り中国産冷凍餃子の問題を通して見えてきた、日本の食糧確保の危うさ=エネルギーベースでの食料自給率39%は、アメリカや財界べったりで農産物自由化を進めている自民・公明農政の結果ですが、「国民の安全な食料は日本の大地から」との訴えも、説得力を持って聴衆には届いていたようでした。

画像
        訴える宮本しづえ衆院比例候補(市内花春町で)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック