斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 湊地区でインターネット接続環境整備について市が住民と意見交換

<<   作成日時 : 2018/07/11 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月10日、市の農村環境整備施設である基幹集落センターで、市情報政策課職員と、関西ブロードバンド会津事務所所長などと住民による「インターネット環境の整備に関する意見交換会」が行われました。この意見交換会は、前日の9日にも行われました。昨年に続く2回目の意見交換会でもあります。

 市情報政策課は、現在、湊地区と大戸地区は関西ブロードバンドを事業者として、ADSLによってインターネットに接続環境を整備しているが、電話基地局からの距離によって接続速度に問題があるなどの課題があり、光ケーブルの敷設の可能性について検討してきたが、初期費用の抑制や契約料金の低額化などについて一定の方向性が出てきたので、今回の意見交換会を開くことにしたとの説明をしました。
 とはいえ、国の補助金を活用するにしても、事業者(関西ブロードバンド)の採算性を確保するには、湊、大戸、河東の一部を合わせ300世帯以上の加入が必要だとして、それぞれの集落でインターネットの活用方法や必要性について認識を共有できるように話し合いをしてほしいと訴えました。
 市としては、今後、ADSLによるインターネット利用をしていない家庭でも、ルーターを介しながらタブレット、スマホによってネット環境を持っている人が少なくないと思われるので、その実態をアンケート調査し、その結果を基に事業化に向けていきたいとの考えを示しました。
 市の考え方はよく理解できましたし、ベターな方法だと思います。なるべく早く高速ブロードバンドの利用環境が整備できるよう、わが上馬渡でも意見交換の機会をつくりたいものです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湊地区でインターネット接続環境整備について市が住民と意見交換 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる