斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 市営駐車場の指定管理のあり方に疑問〜産業経済委員会・予算決算第3分科会での議案審査から

<<   作成日時 : 2017/12/23 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月18日、会津若松市議会12月定例会において、私の所属する産業経済委員会、及び予算決算委員会第3分科会が開かれました。

 この中でもっとも議論になったのは、若松城天守閣・麟閣・市営駐車場・(文教委員会所管の御薬園も)を一括して指定管理者の公募をかけたことについてです。
 私は、市営駐車場は経費を差し引いても3000万円以上の利益があり、あえて競争性をなくす一括公募を行ったことをどのように合理的に説明ができるのか、などの論点で当局を質しました。
 因みに、これらの施設の指定管理者は、会津若松観光ビューローです。

 私は、委員間討議で議案に反対する考えも述べましたが、委員長から委員長報告で審査状況をしっかり述べるとの発言があり、また当局の今後の対応を注視しようじゃないかとの意見の集約があったことから、今回は賛成しました。
 指定管理者の指定期間は4年間ですが、今後、一般質問や次年度の予算審議の場で当局の認識や方針を再度質し、その上で改めて是非を判断したいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市営駐車場の指定管理のあり方に疑問〜産業経済委員会・予算決算第3分科会での議案審査から 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる