斎藤もとおの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界天文年2009 〜 プラネタリウムで演劇上演

<<   作成日時 : 2009/03/31 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 3月23日、郡山のビッグアイ23Fにある「郡山市ふれあい科学館」のプラネタリウムに、劇団はんぷてぃ・だんぷてぃのみんなで行ってきました。科学館が「世界天文年2009」の記念イベントの一つ、郡山演劇研究会「ほのお」の公演、「広くてすてきな宇宙じゃないか」を観劇するためです。

 私達の劇団も、この同じ作品を5月6日に上演しますので、「ほのお」がプラネタリウムで、一体どんな風に演じるのか、大変興味深く観させていただきました。

 プラネタリウムは、元々演劇上演のために造られたわけではありませんから、上演スペースは大変狭いものでした。
 しかし、「ほのお」は必要最小限のセットで、大変要領よく演じていました。役者も、なかなか達者でした。
 また、プラネタリウムの特性を活かして、天体や宇宙を映し出し、更には、セット代わりに背景を映し出して転換をする、客席もステージにしてしまうなど、通常の劇場で行なうにはとてつもなくお金が掛かることもできたりして驚かされました。

 作品も、大変感動的に仕上がっていました。
 同じ舞台を創る上で大変参考になりましたが、僕らの舞台も、これに負けないように頑張らねばと、プレッシャーもまたもらってしまいました。(~_~;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界天文年2009 〜 プラネタリウムで演劇上演 斎藤もとおの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる